언제나 생활에 감칠맛을.

Cafetalk Tutor's Column

Kei S-Schönberg 강사 칼럼

スウェーデン語:ミニ・レッスン20 "エアコン”

2018년 8월 27일

スウェーデン語: ミニ・レッスン 20 “エアコン”


Hejsan!/こんにちは! :-)


エアコンは、日本の夏になはくてはならない、というかないと命にかかわるものになってしまいました。緯度が高く涼しいスウェーデンでは、これをみたことがありません。(私はないです!!!)


しかし西ヨーロッパはメキシコ湾流のおかげで比較的暖かい(暑い!)のです。

たとえば、フランスは緯度で比べると、大体北海道と同じになりますが、夏はとても暑いです。でもやはり私が住んでいた時にはエアコンはありませんでした(今あったらごめんなさい)エアコンの代わりに、日中は重くて分厚くて頑丈な、鎧扉のようなもので窓を覆って、外からの熱がはいらないようにするので、室内は結構涼しく過ごせるのです。私はこれを知らずにこの鎧扉を開け放って、同級生のフランスの女の子に怒られました・・・(スミマセン、なんだか日中部屋の中が真っ暗という感覚がどうもわからなかったので・・・)オランダも結構夏は暑かったです。同僚のイギリスの方が、”これは悪夢だ、こんなに暑いと眠れない!”、と電話で本社に穏やかに文句を言っておられました。(声を荒げないんだなー、紳士だなー、と感心して聞いてましたが…)


クーラー、つまりエアコンはスウェーデンにはないものですが、ちゃんと訳語はあります。というわけで、今日も再び夏のスウェーデン語の単語です。

******************************************************************************************


☆エアコン☆


”Luftkonditionering”


“ルフト・コンディショネーリング” と発音します。


本当は、”tio"は日本語にも英語にもない”音”で、”ルフト・コンディネーリング”、にちかいです・・・でも、””、と発音するとまず通じないかと思われます。文章に書き表すことのできない単語を選んでしまいました…(冷や汗)でもスウェーデン語特有の頻出する発音です。私の名前は中世のドイツ語起源ですが、本来の発音は、シェンベリよりホェンベリに近くないこともないです。(でも、私の名前は”ホエンベリではありません!)

日本でエアコンは冬も夏も、”エアコン”ですが、スウェーデンでは、”エアコンLuftkonditionering”は夏の単語です。


よろしければ、覚えてください・・・テストには出ませんが、知っているとやっぱり便利です。ちなみに、私のレッスンにテストはいまのところないです。


Kei S-Schönberg/ケイ・シェンベリ













부담없이 질문해 주세요!