いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Fumie 講師のコラム

子作りのための責任 男性編

2018年9月8日

先日、子作りの計画準備について主に女性についてコラムを書かせていただきました。

今回は男性について少しお話ししたいと思います。

不妊治療となった時、多くの場合女性が責任を感じてしまいます。もちろん、赤ちゃんが9ヶ月もの間過ごすのは母親の子宮の中でありその環境が整っていなければならないのは事実です。

ただ、男性の精子が健康であることがまず受精へと繋がって行くためその責任は無視できません。

最近は若い男性でも不妊に貢献してしまっているケースが出てきています。射精できればいいというわけではありません。精子が健康であるためには女性と同じく食事、生活習慣、環境が大きく関わってきます。

まず、気をつけたいのは携帯です。ズボンの前ポケットに携帯を入れる男性は多いと思います。携帯は電磁波を発信するためこれが精子の健康状態に影響すると多くの研究でも明らかになってきています。

電磁波や携帯、ラップトップなどの発する熱が睾丸の温度を上げ精子の住み心地のいい環境を壊してしまいます。

また、仕事や人間関係のストレスは制欲を抑制しハッピーで健全なセックスの機会を減らしてしまいます。特に男性は付き合いなどでお酒を飲む機会が多いと思います。これはホルモンバランスを崩し健康な精子を生成することに貢献する肝臓に影響してしまいます。

まずは少しずつ改善をしていきましょう。

お気軽にご質問ください!