Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Ryoko.S 's Column

今年こそ、本気で人間関係の改善に乗り出しませんか?

Jan 10, 2019

人に言いたいことが言えない、人目が気になって疲れきってしまう、依存してしまう、依存されてしまう、子供や夫にイライラしてしまう、妻の扱い方がわからない、上司や部下とうまくいかない、というように、人生では人間関係の問題は避けられません。基本的に人生の大半の問題の原因は、本来の自分を生きていないことに由来します。

スピリチュアル的視点では困難な状況こそが学びの時で、苦しみから逃げず弱点を克服していくことで苦から解放されていくもの。そうした点でも人間関係は最も重要な学びの時ですね。スピリチュアルの道は本来の自分(魂)を思い出していく旅であり、幼少時からの環境(家庭、学校、メディア、友人等)から無意識に受け入れてきた偏った思考をまっすぐにしていき、体験から真理を理解していくことで恐怖や不安から解放されていくものです。

恐怖や不安は基本的に「生存への危機」が由来するものです。混乱した社会で人間間の愛情が失われてきたことは特にそうした危機感を煽ります。幼少時からのネガティブな体験で、無意識に他者とは危険なものだ、周りは助けてくれない、と判断してしまうと、常に防衛本能のスイッチが入り、「裏切られるかも」「嫌われたら大変」等といった心配から自己否定といった消極的あるいは攻撃的になることを合理化し、当然ポジティブな人間関係は築きにくいものです。

特に日本のような集団主義社会では「周りと馴染めない」ことは危険だとみなし、自分を押し殺してまでも周りに馴染もうとし、すると善悪の判断が自分でできず、自分が常に弱いと感じ、自信を喪失し、自分を好きになれず、人間嫌いになりやすく、自分で考えることができず、自分を見失っていく方も少なくありません。

外で他者に気を使い過ぎる一方で、その反動から家庭で暴君になる場合もあります。家庭内暴力や虐待にまで発展してしまうこともあります。この世のすべてのものは常にバランスを取ろうとしており、心も同様です。自分を見失い、不平や不満が溜まってしまうと、安心できる場所や、子供やペットといった自分よりも立場の弱い者の前で、無意識に積もり積もった「心の闇」が噴出しやすいのです。ヒステリック、嫌味、不機嫌さ、夫や子供にあたることが止められないといったことです。

結婚して数か月後あたりから隠れていたキャラが出始めますが、心の闇について理解が無いと闇が暴走した際に対応が上手にできず、夫婦の間に大きな溝を作ってしまうことにもなります。
暴君となってしまい他者、特に子供の心を傷つけることは大変な問題ですが、心の闇のエネルギーを安全にリリースをする機会を持てず我慢を続けると心は壊れ心身に問題が生じます。優しい方に多いのですが、何でも自分が悪いとして自分を攻撃し続ける「自己虐待」も大変な間違いです。こうした人間の深層心理や自然の摂理、スピリチュアルの法則を理解し始めることで人間関係が楽になっていく方も多いです。

 私の利用するメソッドは、古代から世界中で真理を追究することに人生を捧げてきた思考家や宗教家、哲学者や科学者らが発見してきた最も深い哲学「永遠の哲学」を基盤とした「思考改革」がメインとなっています。それには今までとは違った「自分との新しい付き合い方」を始めることが必要です。現代の日本人にあわせた今までとは全く異なった自己理解、分析、コントロール法を身に付けていってもらい、自力で自分を変えていく力をつけていくことを目的としています。

 人間関係に問題がある時は、「自分と向き合いましょう」、という重要なメッセージとして捉え、相手を責めず自分を責めず、「一体何を学ぶ時なのか?」に注目しましょう。自分との向き合い方、スピリチュアル的な人間関係の改善法に興味があったら声をかけてくださいね!

Ryoko


お得なお試し相談(15分-300ポイント)で、悩みの根底を探り始めませんか?
https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=161218&lang=ja


レッスン時間が合わないときは、メッセージでご希望の日程をいくつか教えて下さい。可能な限り調整します。

Got a question? Click to Chat