Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Lemongrass KIYO 's Column

季節の変わり目にはセルフメンテナンスを

Feb 25, 2019

こんにちは。

上級心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト

マインドフルネスカウンセラーのKIYOです。

毎週日曜日にお送りしておりましたメルマガですが、

今週末は私自身が体調を崩してしまい、

月曜日配信になりましたことを、お詫びします。

先週から、4月並みに暖かい日があったり、

そうした日であっても、朝晩はコートが必須な程寒かったり…

また、花粉症が今年は例年に比べて飛散量が多いという情報もあり、

花粉症の方にとっては、

辛い日々、そしてこうした日々が続くという

憂鬱な気分でいらっしゃるのではないでしょうか?

一般的に言っても、季節の変わり目は体調を崩しがちですよね。

それは、やはり寒暖差という温度差もありますが、

高気圧、低気圧が交互に通過するために、

交感神経、副交感神経が影響を受け、

自律神経が天気によって左右されることにも原因があります。

また、春は年度末や年度初めと言った、

仕事や学業でも節目の時期ですので、

精神的なストレスや、

物理的に忙しいということもあります。

こうしたハードな季節を、少しでも楽に過ごすには?

ということで、私はセルフメンテナンスをお勧めします。

すでに皆さんはご自身なりのメンテナンス法をお持ちかもしれませんが、

色々とあげてみますので、

どれも簡単な方法ですので、良かったら、試してみてください。

①水分をたくさん摂る

水分をたくさん取ることで、デトックス効果が期待されますし、

血の巡りも良くなります。

また、喉が潤っている状態が続くと、

唾液の分泌も誘発され、

免疫力UPにもつながります。

冷たい水よりは、常温から白湯が良いですが、

白湯は飲みすぎると、栄養吸収の障害を起こす場合があるそうなので、

一日3~5杯位にとどめ、

お水は1リットル以上を飲むように、

それも、ちょこちょこ飲むようにしましょう。

②ハーブティーを飲む

お水だけでは飽きてしまいますので、

ノンカフェインのハーブティがお勧めです。

また、ハーブティーは香りの刺激があって、脳のリフレッシュにもつながりますし、

ハーブ自体の効果も期待ができます。

今はスーパーやカルディなどの輸入食品店で、

割と出頃にハーブティが入手できますので、

ご自分の好きなハーブ、期待する効果に合わせたハーブティを

飲んでみられては、いかがでしょうか?

また、ハーブティや紅茶にショウガを加えて、

生姜ティーを飲むと、身体が温まりますよね。

ちなみに私はハーブティを6種ぐらい常備しており、

気分や体調に合わせて、飲んでいます。

リフレッシュにもなりますし、気分転換にもなりますよ。

③お風呂にゆっくり入る

お風呂にゆっくり入ることは、副交感神経を高め、リラックス効果を

もたらしてくれます。

それに、アロマや入浴剤を入れることで、

香りも楽しむと、更にリラックス効果は高まります。

また、花粉症の方は、帰宅後すぐにお風呂に入られることをお勧めします。

身体についた花粉を全身から洗い流すことで、

お家の中では症状を軽く済ませることが期待できます。

お風呂には入らない、という方は、

ぬるめのシャワーをゆっくりと身体に当ててください。

そして、シャワーが身体にあたる感覚を味わうことで、

お風呂に入ったような、リラックス効果が期待できます。

④マッサージをする

マッサージには色々な方法がありますが、

今回は花粉症の方や免疫力UPを期待する方にお勧めのマッサージです。

マッサージをするときにはボディクリームやマッサージオイルを使ってくださいね。

まずは、左手を頭の上に乗せます。

そして、左脇を右手で前からつかむようにして、

脇の下を揉みます。

ここは腋窩リンパ節にあたり、

花粉症の方はちょっと触っただけで痛いかもしれません。

そういう場合は、痛くない程度にさするレベルから始めてください。

腋窩リンパ節は、主に上半身や頭部からのリンパの巡りの基地になります。

ここをマッサージしてほぐしてあげることで、

アレルギーと戦った細胞の死骸や、

滞っていた血の巡りが良くなります。

また、白血球を作る効果もありますので、

免疫力UPにもつながります。

左脇のマッサージが終わったら、右脇も同じようにしましょう。

次は鎖骨下リンパ節をマッサージします。

鎖骨の上下を指で挟むようにして、

首から肩に向かって流してあげてください。

次は首筋のリンパを流してあげます。

左右同時に行わず、右、左と交互に

顎下から、鎖骨まで流してあげましょう。

次は顔です。

まずは、耳下リンパ節をほぐします。

人差し指と中指を耳たぶの前後において、

小さな円を描くようにマッサージします。

そして、次はこめかみです。

こめかみも、優しく、人差し指と中指でプッシュしてください。

また、鼻炎に悩んでいる方は、

鼻の横をプッシュして、頬骨の下を通るように、

顔の外側にマッサージをしてください。

ここは強めに行っても大丈夫です。

また、目が疲れる、頭痛がすると言う方は、

眉毛の下の骨の下の部分を、

親指で強めにプッシュしながら、

徐々に外側に移動させてください。

そして、これらのマッサージを行っている時、

外に向かったら、首筋、鎖骨、肩まで、

その凝り(毒素)を流すつもりで、

さすって、肩まで流してあげてください。

文字で書くと難しそうに感じられるかもしれませんが、

このリンパマッサージは、

免疫力UP、毒素排出の効果に合わせて、

しわ予防にもなりますので、

お風呂の中や、お風呂上りにクリームをつけた状態で

行ってみてくださいね。

⑤良質の睡眠をとる

なによりも体調管理に必要なのは、睡眠です。

しかしながら、日本人の睡眠時間は100か国中、ワースト2位という現状。

つまり、長い睡眠をとるのが難しいというのが現状です。

ですから、良質の睡眠をとることが大切になるわけです。

良質な睡眠をとるには、体に合った枕なども必要ですが、

今日から出来ることを二つご紹介します。

一つはストレッチ。

痛くない程度に、その日、自分が使ったなぁと思う部位をストレッチしたり、

身体全身をストレッチしてみてください。

身体の緊張が緩み、良い眠りにつながります。

しかし、なかなか、ストレッチを続けるのも難しいですよね。

それでは、眠り、だけを考えた場合、

股関節、骨盤を広げることで、眠りにつきやすくなると言われています。

足の裏と裏を合わせて、胡坐のように座ります。

そして、太もものあたりを腕で押して、

股関節や骨盤を広げます。

決して、痛すぎず、気持ちの良いレベルで、

押してくださいね。

もう一つは、足ブラブラ体操です。

布団の中で、両足を垂直に上にあげます。

(無理のない範囲で)

そして、ブラブラと足を揺らします。

たまに、かかとで太ももを叩くような動作も入れます。

これは、足先に溜まった毒素を体の中心に戻すことで、

むくみの防止にもなりますが、

静脈に働きかけ、下肢から血が戻ることで、

眠りにつきやすくなるというデータもあるので、お勧めです。

また、足先があったかくなるので、

眠りにもつきやすくなります。

いかがでしたか?

今回は色々なメンテナンス方法をご紹介しましたが、

どの方法も、気づいたときに行うのも良いですが、

習慣化することで、身体が対応して、

反応が速くなることもあります。

決して、気負うことなく、

ゆったりと優雅な気持ちでリラックスタイムで

メンテナンスを行って、

心も体も健やかに過ごして下さいね。

それでは、

今週も皆さんにとって、

すこしでも幸せと感謝を感じられる日々でありますように。

KIYO

#カウンセラー #女性カウンセラー #オンラインカウンセリング #メンテナンス #花粉症 #自律神経 #交感神経 #リラックス #リラクゼーション #リンパマッサージ #マインドフルネス #マインドフルネス瞑想 #マインドフルネスカウンセリング #LemongrassKIYO #Lemongrass #レモングラス #KIYO

Got a question? Click to Chat