Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Karen I. 's Column

♡「性格改善」は必要ありません♡ 大切なのは、個性を活かすことです。

Mar 12, 2019


こんにちは、心理カウンセラーのKarenです。
私はどんな個性も、活かし方次第で強みになると信じています。
今回はどんな性格か(何を持っているか)ではなく、性格をどう活かすか(持っているものをどう使うか)が重要である理由や例をご紹介します。

目次
・性格とは
・180度性格を変えるとはできません
・個性を活かして成功した2人
・薔薇は薔薇として輝こう

・性格とは
性格とは、生まれつきの性質(約50%)に、環境の影響(約50%)が加わったものです。
例えば、サイコパスのような脳を持っていない人でも、意地悪なことはありますよね。
それは、例えば子供時代にいじめられていて、そのフラストレーションを今他の人に爆発させているからかもしれません。または、今自分の好きな仕事ができていなかったり、自分の容姿にコンプレックスがあったりして、一時的に心が歪んでいるのかもしれません。

ちなみに性格と行動は別物です。
心の中であれこれ意地悪なことを考えている人でも、それに基づいて行動しないという選択もできますよね。
優しい行動を取ることも可能です。

・180度性格を変えるとはできません
普通の運動神経の人がいくらランニングをしても、ボルト選手のように速く走れるようにはなりませんよね。
運動の能力も、性格と同じように、「生まれつきのもの+環境/努力」です。
いくら努力しても、生まれつきの性質(土台)を変えることができないので、最高の自分になること(自分のベストタイムを出すこと)はできますが、全くの別人(ボルト選手)になることはできません。

性格においても、まったくの別人になることは不可能です。
他の人と自分では、もともとの性質が違います。
一般的な人の心がいくら歪んだからといって、本物のサイコパスと同じ脳、感覚、そして思考回路を手に入れることはできません。

別人になれないのであれば、自分の個性を活かすしかありません。
ちなみにサイコパス=悪いことをする人というわけではありません。
共感能力が低いのは確かですが、だからといってわざわざ人を苦しめるサイコパスばかりではありません。
サイコパスという個性も、プラスに活かすことはできます。
例えばサイコパスが社長だったら、「かわいそうだから、長年勤務してくれたから」という理由で、その会社に必要ではなくなった人をキープすることはないはずです。会社の利益を考え、その人を解雇して他の人を雇うことで、他の社員はより効率よく働けるという点ではメリットを感じるはずです。

・個性を活かして成功した2人
自分の生まれつきの個性を受け入れて成功した2人をご紹介します。
1人目は、初のアップルコンピューターを作ったエンジニア、スティーブ・ウォズニアックです。
彼は内向的な人です。内向的とは、脳の前の部分が厚く、刺激に弱いため1人の時間がたくさん必要な人のことです。彼は「子供の頃いつも家に閉じこもっているような内向的な性格ではなかったら、技術を極めていなかっただろう」と言っています。彼が内向的であること自体が弱みだと捉え、それを改善しようと毎日飲み会に参加していたら、アップルコンピューターは誕生していなかったかもしれませんね。

2人目は、オペラ座の怪人などの振り付けで知られるジリアン・リンです。
彼女は幼い頃から落ち着きがなかったそうです。おそらく生まれつきの個性でしょう。
心配した母親は彼女を専門家のところに連れて行きました。
その専門家はなんと、ジリアンは病気ではなく「ダンサーだ」と母親に伝えたそうです。
よく動けるという才能を磨いていなかったら、彼女は有名な振付師になっていなかったでしょう。

・薔薇は薔薇として輝こう
私はミランダ・カーのこの言葉が好きです。
「薔薇はひまわりにはなれないし、ひまわりは願っても薔薇にはなれない。
でもすべての花はそれぞれ違って美しい。それは女性にも言えることで、それぞれが自分の個性を大切にできたらいいと思う。」

薔薇がひまわりのようになろうとしていては、最大限に輝くことはできません。
人も同じだと思いませんか?
堂々とあなたであってこそ、輝けるのです。

あなたはどんな個性(土台)を持っていますか?
あなたの個性を活かせるのは、どんな環境ですか?
どうしたらご自身の個性を、もっと他の人に役立つために使うことができますか?

上の質問について一緒に考えたい、または自分の個性をコンプレックスに感じているという方は、お気軽にご相談ください。
みなさまがそれぞれの素敵な個性を活かして益々輝けるよう、応援しています。


Karen I.
カリフォルニア生まれ、山口県とテキサス州育ち。
スウェーデンの大学で心理学、オーストラリアの大学院でカウンセリング とセラピーを学ぶ。
♡Likes♡ チョコレート / カプチーノ / 読書 / 散歩 / ピクニック / IKEA / モダンファミリー

Got a question? Click to Chat