Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Akiko.T 's Column

【こえのコラム】声の悩みは人それぞれ

Apr 25, 2019

Akiko.Tです。

ボイスクリエイター&ヨガインストラクターとして活動しています。

かつては声優のお仕事もしていました。

ここ数年は、ボイスレッスンなどの教える方にシフトしています。

ここでは「声」に関する事をコラムとして書いていきますね。

 

さて、今日のコラムは「声の悩み」です。

ボイスレッスンをしていると

*声が通らない

*声が小さい

*喋っていると喉が痛くなる

*滑舌が悪い

*よく聞き返される

*自分の声が好きじゃない

 

といったお悩みを受ける事が多いです。

 

どうすれば改善できるか?

生徒さんは真面目な方が多く、本やYouTubeを参考にしたり、実際に教わりに行ったことがあるという方がちらほら。

 

そしてお仕事で必要で、緊急度の高い方が少なくない事に気が付きました。

 

「管理職になったら、人前で話す機会が増えた」

「話し方が売り上げに直結すると実感した。プレゼンの質を上げたい」

「インストラクターとして活動しているが、実は声に悩みがあった」

などです。

(もちろん、ビジネス以外のご要望もあります)



このような相談を受けると、

私はまず最初に聴くことがあります。

 

 

それは

「小さいころ、声やしゃべり方について、人から指摘されたことはないですか?」

「人」というと広いですが、多くは両親や家族、学校の先生、友達です。

 

私の声はややハスキーボイスです。

 

小さい頃はショートカットでしたので、

男の子に間違えられたことがあります。

それがとても嫌な思い出でした。

 

中学校の合唱のパート振り分けでも「ソプラノ」になることはなく、

いつも「アルト」でした。(ソプラノが女の子らしくていいなと思っていました)

 

今こうして書いてみて、大したことじゃないのになあと思うのですが、

当時の私は大したことだったんです。

 

些細な事から、コンプレックスに発展するものです。

 

あなたの「声」の悩みは、

いつ、どんな時から発生していますか?

 

そして、いまその時の自分が目の前にいたら、

何て声を掛けますか?

 

私なら

「大丈夫だよ。〇〇年後には、声を武器にしているから、堂々としてな」

と言ってあげたいです。(笑)

 

長くなりましたので、今回はこの辺で。

また書きますね。

Got a question? Click to Chat