Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor KEI 's Column

なぜ2人の先生に習うと必ず失敗するのか

May 19, 2019

こんにちは、KEIです。

以前の記事

目からウロコな『成績が上がらない本当の理由』<その1>

でもちらっと触れたお話ですが、成績を上げるために(あるいは受験を突破するために)絶対やってはいけない

危険な例として、

同一科目を並行して二人の先生に教わる

があります。

なぜいけないのでしょうか?

分かりやすくするために、問題無い例を先にご紹介しましょう。

私も実際に経験がありますが、同じ塾や予備校などで、同一科目を二人の先生で分担して指導することがあります。

これはOKです。

なぜならその場合、二人の教師は同一の職場におりますから、

単元を相談して分担することができます。

また、生徒さんの状況について、お互いに相談しながら連携して進めることが可能です。

しかし、例えば、

塾と家庭教師、塾とスカイプ授業、スカイプ授業と家庭教師、などなど、別々のところで同じ科目を

教わると、その先生たちはお互い何の面識もありませんから、それぞれ独自に授業を進めます。

するとどういうことがおきるかというと、

『すでにA先生にならった英語の関係代名詞を、B先生でもまた習った。内容は全く同じだった』

ということがおきます。時間とお金の無駄ですよね??

また、全く同じ内容というだけなら、まだ復習になってよかった、ということもいえます。

しかし、もっとまずいのは、二人の先生が正反対の指導方針を取る場合です。

例えば、

A先生は『英語は必ず前から訳しましょう』と指示し、

B先生は『英語は必ず後ろから訳しましょう』と指示するとします。

混乱のもとになるのは必至です。

時々こういうお話をすると間髪入れずに、

『うちの子は絶対混乱しませんので!』

と仰る親御さんがいらっしゃいます。

ですので、表現を変えた方が良いかもしれません。

上の例であれば、その生徒さんはA先生の授業では英文を前から訳し、B先生の授業では後ろから訳す、といったように、

対応を変える必要が出てきます。これは余計な労力で、仮に混乱しないとしても、無駄な負担がかかってくるのです。

このように複数の先生をつけるのは、心配性の親御さんに多いです。

しかし、どんなに良いお薬とお薬でも、同時に飲むと飲み合わせが悪いことがあるように、

組み合わせるのは非常に危険な行為です。

ちなみに長い教師人生ですが、私の知る限りで、(同じ科目で)同時に二人の先生に習った生徒さんは全員成績低下しています。

では、科目が違う場合はどうでしょう?

特に中学受験や大学受験では、専門が分かれていることが普通ですから、こちらはOKです。

ただ、ごくまれに、生徒さんが別の先生に習っている他の科目について、専門でもないのにあれこれ

口出しする教師がおります。

自分は専門でなく、他の専門の教師がついているのに介入するのは、マナー違反を通り越して

無責任なレベルですから、こちらはご注意くださいね。

仮に今の先生で不安を感じる場合は、もう一人つけるのではなく、完全にやめて切り替えるべきです。

それが私の生徒さんであっても、私で不安ともし感じるならスッパリやめて頂いて結構です、と申し上げます。

日本人の傾向なのか、ころころ変えるのはよろしくない、という考え方があるようですが、

ご自身に合った先生に出会われるまで、教師を交代することは決して悪いことではありません。

どうぞ皆様に最適な先生が見つかりますように!

Got a question? Click to Chat