Добавь специй со всего мира в свою жизнь

Cafetalk Tutor's Column

Tutor TAKE 's Column

美白の為の正しいスキンケアとは(5回目)

Вторник, 20 Август 2019 r. 21:21

こんにちわ

メイクアップアーティストのTAKEです。気がついたら1週間経ってました。1週間って早いですねぇ^ ^ ;
それでは今回も、正しいスキンケアについて前回の続きからお話します。

 

④「肌を綺麗にする力はあなた自身の肌が持っている!」

 

今回は、肌とスキンケアの関係性についてお話しします。人によってはスキンケアを全否定してるという様に捉えられてもおかしくない内容ですが、気持ちを楽に見て頂ければ幸いです。

肌は、一定のよい状態を保とうとします。その事を肌の恒常性(ホメオスタシス)といいます。これによって、肌はダメージを回復させる為にあらゆる成分を分泌させたり、よい状態をキープするために肌表面をコントロールします。

要するに、肌を綺麗にする力はあなた自身の肌が持っているんです!

ただ、この綺麗にする力をあるものが邪魔をします。それはストレスです。

ストレスは、あらゆるところからかかってきます。

代表的なのは、乾燥です。肌ストレスのトップを独走する要因と言ってもかごんではありません。乾燥は、ダメージを受けやすい肌にするだけではなく、回復の邪魔にもなり得ます。ストレスの多くを占める乾燥ですが、一番簡単に解消出来るストレスともいえます。要は保湿するだけです。

次に代表的なのは紫外線です。ちょっと紫外線についてお話しします。紫外線は、体に浴びると刺激になり肌を傷付けます。いわゆる日焼けです。これは火傷と一緒です(ここでいう日焼けとは、=色が黒いと違います。黒くなるのは肌を守ろうとメラニンが大量にに生成されるからであって、日焼けとは違います。メラニンができるメカニズムは、1回目でお話ししてるのでそちらを参照に)。それが肌の回復の邪魔になるのはいうまでもありません(但し、紫外線は健康維持に欠かせないビタミンDの生成に大きく関わるので、一概に毒とはいえません。もし機会があればそのお話しもしようと思ってます)。この紫外線をどれだけコントロールするかもストレスの大小に大きく関わります。

次に意外なストレスでいうと、スキンケアのやりすぎです。結構、これをやって肌の調子を崩してる方多いはずです。肌に保湿以外のことを肌を良くするためにガンガンするのは、体を運動して健康的にするのと同じ事がいえます。皆さん疲れた時は健康の為ガンガン運動しますか?休めますよね?休めて無駄なストレスを溜めない事もとても大事な事なんです。

後にも細かいストレスが色々内外的にありますが、上記TOP3のストレスが大きく占めており、先ずはこの3つを軽減させるだけでも大きく邪魔が無くなるといえます。

とにかくストレスさえ軽減出来れば、後は肌は勝手に綺麗になろうと頑張ります。

ここで一つの疑問「スキンケアで肌はよくならないのか?」です。答えは「No」です。

正確に言うとスキンケアは「よくする」ものではなく、「よくなろうとするものをサポートをする」ものなんです。これを間違えてはいけません。どんな方の肌も自ら綺麗になろうとします。後はどれだけストレス等の邪魔から肌を守り、回復をサポート出来るかが大事なんです。

 

以上、「肌を綺麗にする力はあなた自身の肌が持っている!」について今回はお話ししました。

次回は最終回、⑤「美白よりも肌の回復を最優先させる意味とは!?」についてお話ししていきます!

 

Got a question? Click to Chat