Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Tomokazu 's Column

Goethe Zertifikat Sprechen とSchreibenについて

Sep 21, 2019

Goethe InstitutのZertifikatは、どのパートでも直接的に文法を聞く問題はまずありません。これは独検と対照的です。では何を聞かれるかというと、簡単にいうとあるテーマについての自分の意見です。これは特にスピーキングとライティングのパートに言えます。例えば、簡単な例でいうと「大きな都市で働くのと、田舎で働くのはどちらがいいか」といった問題です。その際にどちらがいいのか述べた上で、その理由を言い、個人的な経験や自分の国での一般的な状況を述べるといったのが典型的です。
問題は、あるテーマについて自分の意見を述べる訓練を日本人は学校でしてきていないので、ドイツ語の能力以前に自分の意見をまとめるのに時間を費やしてしまうということです。与えられた時間内に決められた課題を全て答えられず、時間切れとなってしまうことが多いです。なので、日頃からいろいろなテーマを想定してみて、自分ならこう答えるということをシュミレーションしておく必要があります。また、上の例で、答えは都市に住んでも田舎に住んでも点に変わりはありません。実際に経験がなくてもでっち上げでも構いません。重要なのは答えがきちっと論理的につながっているかです。(例えば、途中まで都会がいいといっておきながら、最後に田舎のいいところを挙げるのはだめ、ということ。)

Got a question? Click to Chat