Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Lemongrass KIYO 's Column

人に寄り添う

Sep 16, 2019

こんにちは。

上級心理カウンセラー&

マインドフルネススペシャリスト

マインドフルネスカウンセラーの

KIYOです。

 

さて、今日は敬老の日の振り替え休日ですね。

 

お年寄りの方々やご自身の祖父母、

曾祖父母の健康を願ったり、

日頃の健康に感謝したり、

もしくはそうした方々の思い出に浸ったりと

過ごし方は色々とあるでしょうが、

この頃、新聞等でよく見る「寄り添う」という言葉に

今回は注目したいと思いました。

 

年配の方の気持ちに寄り添う

例えば認知症を患った方に寄り添う

もしくは逆で、お子さんの気持ちに寄り添う

お友達の悩み事などに寄り添う

 

私は「寄り添う」という行為は

とても人間らしく、温かい行為だと思います。

 

この行為に必要なのは

「共感」という事かと思います。

 

厳格に言うなれば、

「共感」

その経験を同じようにしていなければ、

出来ないと言われています。

 

そうすると、

お年寄り方々の気持ちに「共感」するには

同じ年齢にならないと出来ないことになりますし、

お友達の問題にも、自分が実際に経験した問題でなければ、

「共感」出来ないことになってしまいます。

 

お子様の問題にしても本当に「共感」出来る問題と

そうでない問題に分かれるかと思います。

 

それでは、私たちは本当に、自分を取り巻く人々に

「共感」が無ければ、

「寄り添う事」が出来ないのでしょうか?

 

私はそうは思いません。

「共感」がなくても、少しの努力で

「寄り添う事」は可能だと思います。

 

しかしながら、

私たちは自分のことすら、正しく認識しているか?

と問われると、疑問に思ってしまう程、

複雑な存在ですよね。

 

誰かに「寄り添いたい」と思ったときに、

あなたが何をするべきか

という事を言わせていただくなら、

 

まずは「相手をよく観察する事」

相手はどんな感情でいるのか、

相手が何を欲していて、

何をされるのが嫌なのかを、

あなたの考えの尺度を取り払った

無心の状態で観察することです。

そうすると、相手の気持ちが少しは想像することが

出来るのではないでしょうか。

(残念ながら、

相手の気持ちを本当に理解することは難しい事です)

 

そして、あなたの考えや思いは押しとどめて

「相手の考えや意見に耳を傾ける」

人は、相手が何かを言った際に、

自分の意見を言いたくなってしまうものですが、

おしゃべりならともかく、

寄り添う際には、あなたの意見は最小にとどめて、

出来る限り、相手の話を肯定しながら聞きましょう。

例えば、うなずいて理解していることを相手に示したり、

「そうだね」と、もしあなたがそう思っていなくても、

「寄り添う」際には、頭ごなしに否定しないことをお勧めします。

 

そして「相手の感情を受け入れる」

相手が、悲しいのであれば「悲しいんだね」

相手が、辛いと思っているのであれば「辛いんだね」と

相手の感情を受け入れてあげることが

大切だと思います。

 

また、上記の事が出来ないような難しい場面では、

ただ、無言で横に座っていたり、

側にいたりすることで、

「私はあなたの側にいるよ」

と態度で示すことも大切だと思います。

 

 

しかし、皆さん全てが、私も含めて、

お坊さんや超善人ではありませんので、

常に寄り添っていることは

自分自身を押し殺している状態でもあるので、

なかなか大変なものです。

 

自分では負担が掛かっていないと思っていても、

自我が抑えられた状態が長く続けば、

あなた自身のストレスにつながってしまいます。

 

ですから、誰かに「寄り添いたい」と思っても、

適切な距離や時間の見極めが必要だと思います。

 

例えば、入院しているおばあさんのお見舞いに行き、

1-2時間寄り添ったら、

その帰り道は自分の好きな食べ物を食べて帰ったり、

自分が楽しくなるように、時間を使って、

抑制されていた自我を満足させて、

自分自身をケアする必要があります。

 

我が家も20年以上、

祖父母を自宅で介護しておりましたので、

相手に寄り添う人の大変さは目にしておりました。

 

今では自宅介護者への

息抜きのサービスもあったりしますので、

出来る限り、人に任せられるところは任せ、

ご自身の時間を持って、

ご自身をケアする時間に当ててくださいね。

(もちろん、それが簡単でないことは分かりますが)

 

これから、超高齢化社会になっていく中で、

私達もいつか年を取っていきます。

 

今から、色々な人に「心を寄り添わせて」いくことで、

歳をとっていく過程で、もしかしたら、

穏やかで有意義な時間を重ねていけるかもしれませんね。

 

それでは、今週も皆さんにとって

幸せと感謝の感じられる日々でありますように。

 

KIYO

 

#カウンセラー #女性カウンセラー #マインドフルネス #マインドフルネス瞑想 #マインドフルネスカウンセラー #オンラインカウンセリング #Lemongrass #LemongrassKIYO #レモングラス #レモングラスキヨ #KIYO #人に寄り添う #敬老の日 #共感

 

Got a question? Click to Chat