为您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

Yu sensei 讲师的专栏

【もしもタイムマシーンに乗れたら】

周间主题: If you could time travel, what would you do?

2019年9月25日

カフェトークの皆様こんにちは!

英語発音指導士Yuせんせいです!

 

久しぶりにコラムが書きたくなったのでお題に乗っかってみます。

【もしもタイムマシンに乗れたら…】

 

あらゆる時点に戻りたいですね!未来に興味はありません。

自分の生まれた瞬間、まだ物心付く前、言葉を覚え始めた頃も見てみたいですし

人生で一番楽しかったピークは私は5歳頃なのでそれもまた体験したいです。

 

あ、でもドラえもん方式なら現在からタイムマシンに乗ってその時代に行っても

見た目が違うし体験する方にはなれないのか…。それならどうなんだろう。お助けアイテムくらいは差し出せるのかな。第三者視点になるのであれば行きたい時点は違ってくるけど無料乗り放題ならもはや30年やり直す勢いです(笑)もう一度よちよち歩きの息子がみたーい!

 

ところで、何度も同じ時点に戻り、何通りも違う分岐をさせてパラレルワールドをいくつも作っておき行き来できたらいいなと思いませんか?

気に入らなかった進み方をした自分はそのまま放置しておき、さながらアカウント切り替えのごとくいつでもその「こっちを選んだ自分」にログインできるのです。「インターステラー」の5次元などの難しい話ではなく、「アバウト・タイム」のように誕生からずっと分岐ごとに樹形図状にIf YES/If NOとどんどん派生していくイメージです。恐らく可能になったとしても倫理的にアウトなんでしょうね。「悩んで、考えて、苦渋の決断」なんて言葉もなくなってしまいそう。いつでも戻ればいいのだから。

 

「あのとき別の道を選んだ自分、最近どうしてる?」

「たまにはログイン、昔の自分」

…わかっています(笑)
センスないんですよ。想像力はあるんですが。

 

唯一未来をみたいとするのであれば自分の肉体が死んだあと、家の様子を覗き見してみたいです。私はリアルに友達が全くいないので葬儀には誰が来るのか、どんな話をされているのか、そもそも葬儀自体やってくれているのか等興味がわきますね。残した家族は困っていないかな?など確認できたらより早く成仏できそうですし。以前Twitterで「葬儀の2日後に本当に死にたい」というツイートを見かけて「私と同じ考えの人めっちゃおるやん」と思いました。

 

私こういう話しだすと楽しくて止まらないんですが他の方のコラムがとっても短いので本日はここまでにします。最後までお読みいただきありがとうございました。

在线客服谘询