いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

えりか (Erika) 講師のコラム

ピアノアレンジのやり方

2019年9月27日

こんにちは。ピアノ講師のErikaです。

今日はピアノアレンジについてお話ししたいと思います。

☆中途半端だったYouTubeの演奏動画をおしゃれし直し
 今後少しずつですがアップしていきます。
 テーマは「夢と希望」
 チャンネル登録してくださると、励みになります!
 よろしくお願いします。



みんな向かうのは挫折の道


いきなり挫折だなんてすみません。

この分野に少しでも関心がある人が増えてくれるといいなと思うんです。

また一度はコード進行や、アレンジの方法を学んだことがある人が

いるかもしれませんが、早くも挫折した方も多くいると思います。

アレンジを全く知らない人にも読んでもらえたら嬉しいです。


ではなぜ挫折するのでしょう?

自由にコードをあやつり、かっこよく弾きたい!!

自分流に、好きに弾いてみたい!

一応やってはみたものの、全く訳がわかりません。
たとえですが、この状況はゲレンデ初日、
いきなりのハープパイプコースで、華麗にジャンプするぞ!!
と張り切るのと同じです。

だからあこがれる気持ちとは裏腹に、あ~~やっぱり挫折、、

当たり前です。
基本的なことを理解していないから。

 


今すぐやめよう

いろんなことが書いてある専門書から勉強。

マジメな日本人はついこういうのから始めがち。

・専門書はとりあえず読むのをストップ


あれは、ある程度の知識がある人向けです。


もしもビギナーさんだったら、専門書を読むのを

やめましょう。少しわかったら読んでみるといいですよ!


アレンジや耳コピの始め方

アレンジや耳コピをみんなに知ってほしいけど、こういう言い方すると

この記事から離れて行ってちゃうのかな?と心配ですが..

ウソついても仕方ないので言っときます。

正直、時間はかかるしむずかしいです。1曲に1年かかるのなんて

ざらにあります。


でも、ステップを踏んで行くと、ぜったい大丈夫!

即興力もつくし、技術的にもアップです。

レッスンでもよく、アレンジがしたい。と、曲を持ってくるのですが、

一回であきらめちゃう人多発。。


でも、弾くほうの技術がなくちゃ元も子もないでしょ?

そんなことないと思います。わたしの耳コピデビューは小2。

チキチキバンバンをコピーしてアレンジもしました♪


対するテキスト曲は森のくまさんでしたので(笑)

技術はそれほど必要ないですね。


選曲と、始めにすることは?

完全に知っている曲。または死ぬほど大好きな曲を

選曲することをオススメします。


それとここすごく大事。


どんなイメージに仕上げたいのか


やっぱりこれがなくては。。


かんたんなイメージでOkです。


例えば、私が手掛けた「ひまわりの約束」ですが


・チラッとおしゃれな音を入れてかっこいい系に。

・歌のイメージから少しだけ離れてアップテンポな感じ。



メロディとベースラインを耳コピー

まずは耳コピーをしてみましょう!


次は曲の骨格、メロディとベースを聞き取ります。

市販の楽譜が出ていれば、メロディを楽譜どおりに弾くのも

良いですね。

ベースラインを楽譜と違った感じに弾くと

がらっと変わることがあるので勇気をもって変えてみましょう。


ポイント


・メロディ(右手)とベース(左手)だけで曲は完成。


これでOKですよ!

一気に全部聞き取ろうとせずに、ひとつひとつです。

メロディとベースだけってちょっと想像出来ない‥


次回のコラムで、わたしが低学年の時に大大大好きだった曲を

アレンジバージョンで紹介しますので、お待ちください!
(低学年でこれをやったなんてちょっとすごいかも、と自負しています)

ほんとは、このコラムで紹介すれば良かったのですが、

せっかくなので、完成したひまわりの約束を観てもらいました(^.^)

私はさすがに内声が弾けるので入れてみましたが、リズムが
むずかしかった~(^o^;)
でも手掛けはじめはやっぱり、骨格のメロディとベースでした。

けっこうメロディ&ベースで形になるんです。

それでも失敗はありましたけどね。

何度もトライ&エラーです!


それでも完成したあとは、やっぱり達成感いっぱい。

世界にひとつ、アレンジャー気分で

自分だけの一曲を作りませんか?

最後におさらい

・適当でどうにかなる!!
・まずはアクション!!




最後までお付き合いありがとうございました!

ピアノ講師 Erika





















この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

お気軽にご質問ください!