いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

saori suzuki 講師のコラム

シチリア島の自然派ワイナリーで収穫、ワイン作りに参加しました。

2020年2月27日 | 2 コメント


こちらは収穫した葡萄の実を房からとって、一晩皮が付いたまま発酵をさせている状態です。
毎日、何回かかき混ぜて発酵の状態を確認します。
発酵し始めの葡萄ジュースは甘くて南国の香りがしました!

こちらは、シチリアの南に位置するワイナリーで、軽く葡萄の実を天日で乾燥させて糖度を上げてからワイン作りに入るやり方です。この方法で、コクと濃厚な味、香りがあり、長期熟成に耐えることが出来る赤ワインを作ります。


こちらのワインは、私が収穫をワイン作りにお邪魔したワイナリーのもので、働いた後は必ず皆でワインを飲んで楽しく過ごす。というのがこちらのスタイル。 何本もポンポン開けて、朝はまだまだ収穫で早いのに、さすがイタリア人。よく飲みますね! この、赤ワイン、品種はネレッロ マスカレーゼと言って、シチリアのピノノワールとも揶揄されるくらい美味しいです!


最後は、お世話になったワイナリーのお孫さんと、発酵途中の葡萄を混ぜ混ぜしてみました。
とってもいい経験をさせてくれて、感謝しています。 ワイナリーの皆さん、有難うございました!

お気軽にご質問ください!