いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

aoba 講師のコラム

そうだなぁ~~

今週のテーマ: 今までで一番面白かったエイプリルフール

2020年4月1日

そもそも、
エイプリルフールって
発祥はどこ?
誰が考えたんでしょう?
で、調べてみました。
起源は、全く不明らしい。
いつ、どこで、誰が始めたか。。。
いくつか起源説もあるらしいけど
あくまでも仮説で、確証はない。


毎年4月1日にはをついても良いという風習のことである
イギリスではオークアップルデーに倣い、嘘をつける期限を正午までとする風習があるが
、それ以外の地域では一日中行われる


エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿
漢語的表現では「万愚節
中国語では「愚人節」
フランス語では「プワソン・ダヴリル」(Poisson d'avril, 四月の魚)と呼ばれる。


その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、
4月1日まで春の祭りを開催していたが
1564年にフランスのシャルル9世1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた


インド
で悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。この説によれば、インドの「揶揄節」が西洋に伝わったものがエイプリルフール、中国に伝わったものが「万愚節」になったという。


イングランド
王政復古の記念祭であるオークアップルデー(en:Oak Apple Day)に由来を求める説がある。


フランス
ではエイプリルフールを Poisson d’avril(4月の魚)といい、子供達が紙に書いた魚の絵を人の背中にこっそり張り付けるいたずらをする。この『4月の魚』とはサバのことを指すと言われ、ちょうどこの頃にサバがよく釣れるためこう呼ばれるとされる。

日本には大正時代に欧米のエイプリルフールが伝わったが、前述の中国の「万愚節」が江戸時代の日本に伝わり「不義理の日」と呼ばれていたという説もある。

上記は、Wikipediaによります。
日本が江戸時代からあったとは驚きです。
まぁ、人を傷つけたり、
悲しませたり、
怒らせたりしない、
可愛い嘘で、
笑えるものなら
こんな日も
1年に1度くらいあっても。。。いいかな(^^)
で、
私には特に変わったエイプリルフールは
今まで無いかな。。。(^^;)
皆さんは何かありますか?
是非教えて下さいね♬


お気軽にご質問ください!