いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Yuka.M 講師のコラム

『よろしくお願いします』を英語で

2015年5月28日 | 2 コメント

こんにちは、講師のYukaです。

今日は『よろしくお願いします』を英語でなんと言うか?
について書いていこうと思います。

**************************************
日本語の『よろしくお願いします』。
どんなシチュエーションでも使えてとても便利ですよね?
挙げ出すとキリがないですが・・・

  • 美容院の予約を入れました。『では木曜日、よろしくお願いします』
  • これから会議を始めます。『よろしくお願いします』
  • 来週までにプレゼンの準備を頼みました。『よろしくお願いします』
  • 週末の予定を親戚が立ててくれる予定です。『よろしくお願いします』

本当に色々なシチュエーションで同じ言葉が使えて便利ですよね。
便利な『よろしくお願いします』。
ですが・・・英語に直訳しようとすると、直訳の呪いにかかります。
(詳しくはコチラの過去コラムを)

**************************************
では、どうすれば良いのか?
曖昧に使っている『よろしくお願いします』。


一番のコツは:
何が言いたいのかを具体的に考える事。

上でざっくり挙げた例を使って考えてみます。

  • 美容院の予約を入れました。『では木曜日、よろしくお願いします』
    →木曜日にお会いできるのを楽しみにしています
  • これから会議を始めます。『よろしくお願いします』
    →今日はお時間を割いて頂きありがとうございます
  • 来週までにプレゼンの準備を同僚に頼みました。『よろしくお願いします』
    →来週のプレゼン準備をしてくれてありがとう
  • 週末の予定を親戚が立ててくれる予定です。『よろしくお願いします』
    →週末、会えるのを楽しみにしています。


**************************************
このように、シチュエーションによって、

何に対して『よろしくお願いします』を言っているのかを
具体的に表現してみる事で、英語にしやすくなりますよね?

例)
週末の予定を親戚が立ててくれる予定です。『よろしくお願いします』
→週末、会えるのを楽しみにしています。

→I am looking forward to seeing (spending time with) you this weekend.
こうする事で『宜しくお願いします』の直訳に迷わず、
本意を伝える事ができます。
**************************************
一番のコツは:
何が言いたいのかを具体的に考える事。
具体的に、何を『よろしくお願いします』と言っているのか。
これを考えてみるだけで、グーンと幅が広がります♪


お気軽にご質問ください!