いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

中村勇太 講師のコラム

ヴァイオリンはムズカシイ?

2020年5月9日






ヴァイオリンは難しい。よく言われることです。

触れたことがない人は、ノコギリの…という表現をよくしてしまいます。
(楽器の調整が悪いか、最初の手ほどきが悪いかのどちらかでないと、そんな音は出ないハズなのですが…)

 

しかし、僕がヴァイオリンを弾いてきて思うことは違います。

ヴァイオリンが難しい、のではなくて
「ヴァイオリン にあわせて体を使うこと」が難しいんですね。

初歩の教材としてよく挙げられるきらきら星も、きちんと弾くのは大変です。
ベートーヴェンのコンチェルトと比べてみても「気をつけること」は同じです。 

 

もちろん、器用な人はフーンと思いながら考えずに出来るでしょう。

そういう人は実際にいます。

 

でも僕自身は不器用です。

おまけに指導者です。

 

考えずに出来ることは演奏する人としては良くても、

指導者としてはよろしくない。
お手本を見てみんな真似できるなら苦労しません。 

 

うまくできないときに、どういうステップを踏むか考え、
様々な方向からアプローチをしてみる…それが、僕の思う指導者です。

 

ところが、不器用なハズの自分も「あれ、考えずにできちゃった」というテクニックもあります。
偶然か、何かしらの経験の感触やイメージが働いたんでしょう。

 

こういうとき、どうやって思考し直すか、自分の考えるメソッドを深めるか。

 

やることは一つで、人前で弾きたくない曲を勉強し直すことです。

それも、出来る限り小さな音で、リハビリのように…「もっといい音程が取れるはずなのに」、
「もっといい響きで弾けるはずなのに」なんていう要らないプライドを捨てて、全てを正しくしようと思います。

もっといえば、「こう弾きたい、からどうやるべきか」という順序を徹底します。

そうすると、体の感触、感覚を限界まで試さないといけません。

 

今月も多分人前で披露する機会はないんだろうなぁ、という曲を勉強しなおしています。

 

不思議なことに、忘れかけていたこと、以前捨ててしまった方法、閃くこと、
時間がかかるとわかること、本当に単純なこと…たくさんのことがわかってきました。

 

みなさんも、今日も学びの1日を!!

お気軽にご質問ください!