いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Yuka.M 講師のコラム

『お疲れさま。』を英語で

2015年8月1日

こんにちは、講師のYukaです。

以前、『よろしくお願いします』を英語でというコラムを書きました。

今日のコラムは、『お疲れさま』を英語で。です。
*******************************
『お疲れさま』を使うシチュエーションとしては

例)
仕事終わりに同僚に『今日もおつかれさまでした』
仕事から帰宅した主人に『あなた♡今日もおつかれさま』
産休に入られる担任の先生に『お疲れさまでした。』

などなど様々なシチュエーションが考えられます。

よく使う『お疲れさま』。
英語では残念ながら直訳はありません。

『よろしくお願いします』を英語でのコラムでも書いたように

曖昧に使っている『お疲れさま』の
具体的なシチュエーションを考える事が重要です。

*******************************

では、先ほどの文章を例に具体的に考えてみましょう。

例)
仕事終わりに同僚に『今日もおつかれさまでした』
→『今日は一日中仕事に追われていたね。家に帰ったらゆっくり休んでね』
という事であれば、文章は考えやすいですよね^^!
You were slammed with work today.
I hope you will get some rest once you get home.


仕事から帰宅した主人に『あなた♡今日もおつかれさま』
→『今日はどうだった?朝の渋滞は大丈夫だったかしら』
How was your day?
I hope you didn't get stuck in the traffic this morning.


離任される英語の先生に『お疲れさまでした。』
→『先生のおかげで、楽しく勉強できました。』
Thank you for always giving us fun and creative lessons!
(↑かなり意訳ですが)

*******************************
『お疲れさま』も『よろしくお願いします』と同様に
シチュエーションによって、具体的に何が言いたいのかを考える。

具体的になる事で、英語が考えやすくなると同時に
相手にも、何に対して『お疲れさま』という気持ちを伝えているのか。

皆さんの気持ちがストレートに伝わりますよ^^♡





お気軽にご質問ください!