いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Soprano Y.O 講師のコラム

【現地レポート】イタリアに帰ってきました!

2020年8月29日

こんにちは。

3月にコロナウイルスの影響で脱出したイタリアに、先日帰ってきました。

日本に帰ってきた時には厳重な体制での検査や監視があったので、今回はどんな感じなんだろう…と不安でしたが、結論から言うとあっけなかったです。

成田空港では、夜間の飛行機だったこともありお土産屋さんやレストランもほとんど閉まっていました。
飛行機も、滞在許可証が無いと乗せてもらえないみたいでした。
搭乗手続きを済ませると、カウンターで英語の書類を渡されました。イタリアに着くまでに書いておくように、と。
また、乗る前にフェイスシールドが配られ、ミラノまで外さないようにと言われました。


飛行機の中は、乗客がめちゃくちゃ少なかったです。
グループで無い限りは3シートに一人で座らされるため、エコノミーシートでも横になってくつろぐことができました。
やっぱり座って寝るのと横になるのでは疲労度が全く違いますね!
しかし、前述のフェイスシールドが厄介で、機内食を食べる時も食器がガンガン当たるし、常に頭を締め付けるので、降りる時には私は体調が悪くなってました。

ドーハで乗り換えたのですが、こちらはお店もやっていて、活気がある感じでした。
飛行機も結構飛んでいて、欠航だらけの日本とはだいぶ違うなと思いました。

ドーハからミラノまでの飛行機もスカスカで、こちらもゆっくりくつろぐことができました。
しかし、航空会社の方々は今本当に大変だろうなあ…

飛んでいる途中で2枚のイタリア語の書類を渡されて、これも記入するようにと言われました。
14日間は自主隔離してくださいとか、今症状が無いことの申請とか責任とか諸々のことが書いてあって、
住所やメールアドレスや電話番号などを書きました。
そのうちの一枚は到着直前に回収されたので、早めに書いておいた方が良いかも。

そして到着してからですが、あまりにもあっけなく空港から出ることになりました。
ほぼ通常通りの検閲しか無く、書いた紙もほとんど目を通さずに係の人がサインして終わり。
最初にもらった英語の紙は一度も使われませんでした。めっちゃ頑張って書いたのに…

イタリアはマスクを付けている人とそうで無い人が半々くらいで、
だいぶみんなもうウイルスのことを忘れているくらいの感じです。
一応お店にも除菌スプレーとかアクリル板とかはあるけど、マスクはしないみたいな。

日本ではマスクを付けなかったらすごい目で見られるみたいなところがあったので、
付けない選択があることを忘れていたことに気付きました。付けるけど。

そんな感じで、イタリアからの速報でした。
この雰囲気なら、旅行もそのうちできるようになるんじゃないかな…と、希望的観測。

早く世界が元に戻りますように。

お気軽にご質問ください!