Un tocco di stile alla tua vita.

Cafetalk Tutor's Column

Rubrica di Choko.N

母国語(日本語)の発声と発音

Oct 28, 2020

私は小さい頃から、耳をすまし、色々な音を拾い集めることが大好きな子どもでした。
静まり返った夜の町を走る車の音、遠くを走る貨物列車の音、カチカチとなる時計の音、ときどきブンと音をたてる階下の冷蔵庫…。特に、夜の暗闇は音を拾い集めるには最適な時間でした。
私の微妙な音の違いを聞き分けられる耳はこうして出来上がりました。

そして私が声の世界に初めて出会ったのは、5歳の冬のこと。父が買ってきた「おはなしレコード」というソノシートから始まりました。
そこから流れ出す、今はなき名女優、岸田今日子さんの声の世界に魅了されたのです。
声だけで、まるで映画を見ているようなリアルな映像が目の前に現れたことを、今でもハッキリと覚えています。

「声」を生業としてからも、その時の感動こそが声と言葉の持つ大いなる力だと思う気持ちは変わりません。私がお伝えしている朗読は、このように、声だけで聞き手に映像を見せられる世界を目指しています。 

一方でラジオ、インタビュー、司会、テレビ、ナレーション、吹替え、指導…沢山の仕事をさせて頂きながら、声は人生の年輪のようなものだと思うようになりました。声から分かることがたくさんあります。
こうした経験のすべてが開講レッスンに活かされています。

カフェトークで講師を始めた当初、私は、外国人の方の為に「日本語の発声と発音のカウンセリング」というクラスを作りました。

けれども蓋をあけてみれば、日本人の方々にご受講頂く事が多く、お越し頂ける方に英語の発音や発声は練習をするのに、日本語の発声や発音には無頓着だったと仰って頂く度にとても嬉しく思います。
ご自身の声の出し方の癖を知り、母国語である日本語の音の作りを身につけることは、外見を磨く以上の効果があります。

私はこれからも、お一人お一人の声を聞かせて頂きながら、ハウツー本では絶対に手に入れることの出来ない、本質の声探しや、その方らしい表現を見出すお手伝いをして参ります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

次回は「母音の秘密」と題してコラムを書こうと思います。


choko





Got a question? Click to Chat