いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Kana.H 講師のコラム

心のままに 実践編

2021年2月24日

こんにちは!

昨日のコラムで、

日本人が周りの人と注文を合わせる

というエピソードとその理由を紹介しましたが、

これまでのレッスンで

こういう類(たぐい)の話をしたときに、

生徒さんから、

「空気を悪くせずに

自分のしたいことをするには

どうすればいいんですか」

という質問をいただくことが

多かったことを思い出しました。

今回のマンガであれば、

「空気を悪くせずにリゾットを頼むには

どうすればいいのか」

について、

正解は相対的なものなので

これ!という秘策は無いですが、

私なりの考えを書いておきたいと思います。


まず、元のマンガがこちら。

どうしてもリゾットが食べたいとき、

あなたなら4コマ目で何と言いますか?


私の考える一番大事なことは、

 自分もパスタランチが気になる

という気持ちを示すこと、

二番目に大事なことは、

 頼まない理由を説明すること

です。

日本人は「共感」を大事にするので、

みんながパスタを頼みそうな空気になったとき、

自分もそう思っていると一言伝えることで、

共感を示すことができます。

そして、日本では、

“言わなくてもわかる” “言われなくてもわかる”

というコミュニケーション文化の影響から、

理解の及ばない言動をする人やその理由がわからないことに、

不安や不快感を感じる人が多いので、

「全員パスタを頼むだろう」

という空気の中で自分だけ違うものにする理由を、

一言伝えるほうが良いです。


4コマ目を、A〜Cの3パターン用意してみました。

印象の違いがわかりますか?





私の考えとして、

Cは避けたほうが良いように思いますが、

例えばそれをきっかけに

皆がリゾットに変える可能性もあったり、

どこどこのお店でもランチでリゾットが食べられるという

情報交換で盛り上がる可能性もあったり、

先ほども書きましたが、

何が正解かは、相手と状況で変わる

とても相対的なものです。


ちなみに私はCを避けたほうが良い場面で

無自覚にCをやってしまったことがあるのですが、

空気を壊さず好きなものを頼んでいる人に気づき、

AとBはそういう人の振る舞いを参考にしたものです。

また、親しい仲だったり、

全員がマイペースの集団ならば、

Cでも何の問題もない場合もあります。


もし機会があったら、

他の日本語の先生や日本人に、

自分の頼みたいものを頼む時にどう振る舞うか、

ぜひ聞いてみてください。

日本人に多い特徴や言動を知っておくと同時に、

たくさんのいろいろな考え方があることも

知っておくことをお勧めします。


* * * 


今日も貴方にとって素晴らしい一日でありますように。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


Kana

お気軽にご質問ください!