いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

AKANE.U 講師のコラム

わたしを 豊かに してくれたもの ①英語Part.2

2021年3月5日

フロリダにいたときの、ハウスメイトのみんな


はいたーい!

こんにちは。日本語チューター&接客英語講師のあかねです。

 

今日も前回のつづき、 「わたしを豊かにしてくれたもの」について書きます。

前回の コラムは こちらです。

 

フロリダに行き、「英語が 全然 わからない!」ことに とても 落ち込みました。

相手が 何をいっているのか わからない。

わからないから、 何をいえばいいのか わからない。

でも、この出来事が わたしを 大きく 変えてくれました。

 

今 考えると、あの時 「くやしい」と 思わなかったら、ただ 「たのしい」 だけだったら、

たぶん 英語の 勉強を やめていました。

あのくやしさが、私の心に 火をつけ、 「ぜったいに 英語 うまくなってやる!」と 決心させました。

そして10年間、自分で ゆっくりゆっくり 学びながら、 英語で 仕事が できるくらいに 成長できました。

だから、あのとき わたしを 馬鹿にしたやつ、 無視したやつに 「ありがとう」って いいたいです笑

そしてあの時、 わたしの へたくそな 英語でも わかってくれようと した人たちにも 心から お礼を いいたいです。

 

 

フロリダには 7カ月 いましたが、6カ月 くらいは、 スランプ状態 でした。笑 ほとんど スランプ。笑

英語を 聞くのも はなすのも ほんとうに いやな時も ありました。

はなすのも 聞くのも いやなので、 仕事のきゅうけいしつにいても ずっと だまってるときも ありました。

 

そんなときに、ある男の人に こう 聞かれたんです。

「どうして ずっと だまっているの?」

わたしは 「だって、 みんなが 何を言ってるのか わからない。 それに 私が いったことも つたわらない。」

と 答えました。

そうしたら、彼は こう 言ってくれたんです。

「でも、 ぼくは 君の いったことが わかる。 君も ぼくが 言ったこと わかってる じゃないか。」

 

あのとき、この言葉に どれだけ 助けられたか。

10年も 前のことだけど、 いまでも 私を 支えてくれる ことば です。

 

6か月 ちかく たったとき、 急に わたしは こう 思いました。

「私は 日本人 だから、 英語 はなせなくて 当たり前 じゃん!」

 

今まで、 「パーフェクトじゃなきゃ」 って 思ってたから、

「まちがったら どうしよう」 と考えて、 話すことが こわかったんです。

でも 「日本人だから、 話せなくても しょうがない」って 思えた時、 すごく 安心 しました。

 

そう 思ってから、 私の こうどうは 自然と かわりました。

失敗を おそれることを やめて、 みんなに 自分から どんどん 話しかけました。

そうしたら、 みんなの 反応(はんのう)も 変わりました。 みんなも もっと フレンドリーに なったんです!

(これは ほんとうに 大きなちがい でした!)

 

「もっと 早く、 こんな風に 話せてたら よかったのに!」って いってくれた人も たくさん いました。

もっと 早く、 積極的(せっきょくてき)に 話せていたら よかったかも しれません。

でも あの時、 たくさん 苦しんで、 たくさん 考えたから、 

「失敗しても あたりまえ!」と 思えたんだと 思います。

だから、この時間は 絶対に 無駄(むだ)じゃ なかった です。

この けいけんが あるから、 わたしは もう 英語を はなすことを こわいと おもわない です。

 

英語を 勉強しはじめて、 わたしは 大きくかわりました。

わたしも 努力できるんだっていう 自信が つきました。

スランプを 乗り越えたことで、 強くなりました。

あんなに 人見知りだったのに 、知らない人と話すことが 好きになりました。

一人で 世界を旅することも 大好きになりました。

(中学生のときの 夢が かないました!)

そして、 今まで 会うことのなかった 世界各国の すばらしい人たちに あうことができました。

英語が 私を世界に つなげてくれました。

英語が かわるきっかけを くれました。

 

今、日本語を はなすのが こわいと 思っている人。 英語を はなすのが こわいと 思っている人。

失敗したら どうしようって 不安に 思っている人。

 

大丈夫です! 間違ったって いいんです。 だって 自分の ことば では ないのだから。

一番 たいせつ なのは 「相手に つたえたい という きもち」 です。

それに、 まちがったから わかることの方が 多いです、 絶対(ぜったい)に!

まちがったこと、 失敗 したことから、 「どうして まちがえたのか」を 考えるからこそ、 新しい方法が うまれます。

だから、いっぱい 失敗しましょう!

 

あと、今 スランプに なっている方。

大丈夫です! その スランプ、いつかは 絶対に おわります。

その時間が、 あなたを 成長させて くれます。

そして、 スランプが 終わったら、あなたは もう 無敵(むてき) です!

 

言語(げんご)を はなす ことで 一番 大切なことって、 その 言語を 知っていることではないと わたしは おもいます。

だって、 どんな人でも 知識を つけることは できるから。

それより もっと 大切で、 もっと 大変なのは 「気持ち」だと おもいます。

こわいと思う ことでも やってみようと 思える 気持ち。

これを 育てることの方が わたしは むずしいと 思います。

でも この気持ち でさえ、 なんども 練習する うちに 成長します。

 

考えてみて 下さい。

はじめて 一人で かいものに いったとき、こわかった はずです。

でも 今は ひとりで できます。

これは 大人になったから ではなくて、 なんども なんども かいものに 一人で いったからです。

ひとりで かいものするのに なれたから 、もう 怖(こわ)くないんです。

 

だから 怖いと おもっても だいじょうぶ。

10回、 20回と やれば、 なれて きます。 なれたら、 もうこわくないです。

 

はじめて、 日本語を はなしたとき、 うれしかったですよね?

はじめて、 英語が つたわったとき、 うれしかったですよね?

その気持ちを大切にしていきましょう!

 

長くなってしまいましたね。

次のコラムは、「わたしを 豊かに してくれたもの②」 について かきたいと おもいます。

 

 

では、またね! 




お休みの日はディズニーワールドであそびました

お気軽にご質問ください!