Bring die Würze der Welt in Dein Leben

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Ami 's Column

毅然と主張しないと「泣き寝入り」になってしまうこと

Weekly Topic: Struggles you Experienced while Living Abroad

Montag, 3. Mai 2021, 12:12


《英文法の学びなおし》《簡単英語でスピーキング》をメインテーマにレッスンしています
英語・英会話講師の Ami です。

アメリカとイギリス、合計約10年間の海外生活をとおして、数々のトラブルを経験しました。

ロスアンゼルスにに住み始めてまだ半年の頃、モールの駐車場で車をぶつけられ、降りてきたのは、
品の良さそうな白人のおばあさん、第一声は、  

  "You hit me!" 「あなた、(私の車に) ぶつけたわね!」

私がアジア系女性だからかどうかは分かりませんが、人とトラブルになった時には、とりあえず
高圧的に出て、しかも嘘までついて自己防衛する、訴訟社会のアメリカでは、こういう人もいる
のかと、驚きとともに怖さを感じました。


ロンドンから休暇ででパリに行った時、トランクが間違って他の飛行機に積み込まれてしまい、
3日後に、壊されてガムテープで巻かれた状態で、何の説明もお詫びもなく、戻ってきました。
着いた先の空港で引き取り手がなく不審荷物扱いとなり、こじ開けられたようでした。

  "I'd like you to compensate me for it."   「補償して欲しいです。」

航空会社に伝えました。たいへんな思いをした時の単語・文は、その時の記憶とセットとなり
絶対に忘れないものです。

日本語と比較すると、英語には敬語がないとか、ストレートな言い方になる、などといわれることが
ありますが、実際は相手を気遣ったり、丁寧な表現、遠回しな言い方、など良いコミュニケーションの
ための言い回しも多々あり、かんじ良く、マナーも良く、フレンドリーな人達はたくさんいます。

ただ何かトラブルがあった時は、英語力というよりはむしろ、つたない英語であっても、自分の意見を
はっきり言う、自分の立場を主張しないと、その先、ことが進まないことがよくありました。「沈黙は金」とか「察する文化」は日本独特のものだと海外生活では思い知らされました。



~☆~☆~

相手を気遣う表現はじめ、日常生活で、仕事で便利に使えるフレーズを、頭と口にしっかり定着させる
瞬間英作文のレッスンをしています。お試しください。

【使えるフレーズ瞬間英作文トレーニング+話す練習 課題付】《初級~中級》
https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=329792&preview_key=808289f327f1b8420d743025419f37d0&lang=ja


Got a question? Click to Chat