いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Tamaki N 講師のコラム

語順が大事

2021年5月9日

私が英文法を説明するときは
「語順」「時制」「数」が大事! 
といつも言います。

特に日本人が英語を学ぶ上でネックになりがちなのが「語順」です。

助詞を使って単語をつなぐ日本語とは根本的に考え方が違って
「英文法=語順」 といっても過言でないほどに、
単語の並び方が、文中の役割を決めるのですが
頭の切り替えがなかなかできないことも多いんですね。

例えば

 I don't want to 
stand on a crowded train.
 I can't stand this crowded train any longer.

ふたつの文中の、 "stand" は、形は同じですが

①は「立つ」という意味の自動詞
②は「耐える、我慢する」 という他動詞です。

では、形が同じ二つの動詞の意味をどうやって見分けるのでしょう?
"stand" 
の後ろの語に注目してみてください。

①はstandの後ろに目的語がないことから、動詞は「立つ」という意味の自動詞で
文型はSV の第1文型です。
②は目的語 "this crowded train" が来ていることから
"stand" 
は「我慢する」という意味の他動詞で、SVOの第3文型とわかります。

このように、語順(=文法)がわかると
文の意味を早く正確に理解できるので
TOEICや英検といったテストのリスニングやリーディングでは
素早く正確に英語を理解できるようになりますし

日常会話でも正しく伝わる英語を話せるようになります。

というわけで、新しいレッスンを作ってみました。

題して「脱ブロークン!きちんとゆっくりスピーキング」です。
ご興味ある方はチェックしてみてください。
 

https://cafetalk.com/lessons/detail/?id=431361&lang=ja

お気軽にご質問ください!