いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Kanna.K 講師のコラム

近況報告&トゥシューズのこと

2021年5月11日


皆様こんにちは!
久しぶりのコラム更新になります。
ここ最近少し忙しく、やろうやろうと思っていたことが後回しになってしまいます。

春眠暁を覚えず、とはよく言ったもので毎年この時期私は本当によく寝てます笑
忙しく思えるのも睡眠時間がいつもより長いからかもしれない、、、

日本はゴールデンウィークだったので、レッスンいつもより減るかな?と思っていたのですが、たくさんの生徒さんからリクエストを頂き、いつもより多くレッスンをさせて頂きました!
外出自粛が各地で続いていますが、皆様のゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか?
少しでも楽しいことが出来て、リフレッシュ出来ていたら良いなと思います。

生徒さんへのお知らせでも書きましたが、二週間ほど前にカフェトーク事務局から「100レッスン達成」のお知らせを頂きました。
カフェトークを通してたくさんの勉強熱心な生徒さんと出会うことが出来て本当に有難く思います。
今年の1月から初めてSkypeを通してバレエレッスンをするようになり、私にとっても学びや気づきの多い日々でした。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。





◇◆◇◆◇◆



昨日は久しぶりにトゥシューズを縫いました。
このパンデミックが始まって以来、とにかく公演の数が減ったので自然とトゥシューズを準備する必要もなくて、しばらく縫っていませんでした。

私が履いているシューズはゲイナー・ミンデン(Gaynor Minden)というアメリカのブランドの物です。



学生の頃はしっかりと足慣らしする時間があったので固いシューズが好きだったのですが、今は少し柔らかいシューズを履くようになりました。

また、ゲイナーは最近ヨーロッパに工房を移したのでそれに伴って素材にも変更があったそうで、公式にいつもより一つ柔らかいシャンクのシューズを勧めています。

トゥシューズの縫い方にはダンサーそれぞれこだわりがあると思いますが、私は割とこだわりが少ない方かなと思います。
リボンはアキレス腱に当たる部分がゴムの物が好きです。
シューズと同じく、ゲイナーのリボンを使用しています。

今回はモデルチェンジしてから初めて履くので、後は本格的にこのシューズで踊ってみてから調整しようと思っています。

もし生徒さんの中でトゥシューズ選びや、ポワントワークの悩みなどありましたら、聞いて下さいね!
何かお力になれることがあるかもしれません。

ちなみに私は以前はブロックやグリシコのシューズも履いていました。
ゲイナーにしてからはやっぱり長持ちするのが魅力で、ゲイナー・ミンデンばかり履いてます。

あと驚かれるのですが、このシューズはシャンクがプラスチックなので洗濯機で洗えるんですよ笑
たぶん公式にはお勧めしていないと思うので、もし履いている方がいらっしゃったら自己責任で、、、
ちなみに私は何度も洗ってます笑

ちなみにゲイナー・ミンデンはとてもサポート力の強いシューズですので、ポワントの入門レベルの生徒さんにはお勧め出来ません。
足の裏の使い方を正しく学ぶためにもグリシコやチャコットなどの伝統的な製造方法で作られたシューズをお勧めします。



◇◆◇◆◇◆



先週は写真家の方にモデルを頼まれて二日間に渡り、写真撮影をしていました。

綺麗に撮って頂いたので皆さんにも見て頂ければと思います。
メイン画像もこの写真家さんの作品です。


今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。
今週も元気にレッスンしていきましょう♪

Kanna.K

お気軽にご質問ください!