いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Keiko Davy 講師のコラム

タイの今の状況

2021年8月8日


カフェトークの皆様、こんにちは!タイ在住のバイリンガル講師のKeiko Davyです。

タイでの新型コロナの感染について日本でもニュースを聞くようになったと生徒さんから話を聞いています。去年はコロナを押さえられたとして称えられてきたタイですが、今年4月上旬から始まったこの第三波ではすでに72万人の人がかかっているという状況です。

写真であげたデータは新規感染者数21,838人、累積数707,659人、死者212人、治療を受けた人の累積数が489,486人、現在治療中の人が213,444人という、昨日8月7日に発表になったその前日6日の数で、感染者数も死者数も記録を破りました!

バンコクとその周辺の省は最高度厳格管理地域(ダークレッドゾーン)として、すでに6月28日からロックダウン状態に入っているのですが、全く感染者が減りません。検査をしてみると約7割がデルタ株による感染だということなので、それだけ感染力が強いということなのでしょうね。

そして私の住んでいる田舎のプラチンブリもとうとう8月3日(火)よりこのダークレッドゾーンに仲間入りしてしまいました…。ショッピングモールや生活必需品でないお店、レストランやジム、プールなども全部閉まりました。

感染しても病院に入れなくなっており、自宅での療養を認める、自宅でも抗体検査ができるキットを売ってそこで陽性になった人にも治療を広める、特に状況のひどいバンコクから患者さんを乗せて自分の出身の省へ戻る電車を運行させるなど対策は取ってますが、家庭内での感染や職場、特に工場内での感染はこれでは押さえられないですよね。

こんな最中に主人の労働許可証ビザの更新のため、来週はバンコクへ行かなくてはならなくなってしまいました。バンコクに住んでいる生徒さんによると、セブンイレブンなどの棚は空!なのだそうです。ニュースにもなっていて写真でも見ましたが、どうも食品などを製造している工場で感染が起きて閉鎖となっているのが原因のようですが、輸送関係にも私は影響受けているのでは…と思っています。バンコクではいつも買い出し、買いだめをして帰ってくるのですが、スーパーでの品ぞろえがどんな様子なのかちょっと心配です…。

プラチンブリでは品薄になってきている商品もありますが、それほど目立った感じではないです。気を付けて市場へ行くとかえって今までは見かけたことがないような野菜(ラディッシュやスナップエンドウ)があったりして旬なのかな?と一瞬思ったり…。生活必需品が手に入らなくなった時にやはり痛感するのでしょうね!私は昨日牛乳が買えなくてスーパーを2か所回らなくてはなりませんでした…。

でもこんな最中にも反政府グループによるデモや集会が毎週行われています。このパンデミックを押さえられなかったというのも一つあるでしょうね。確かに主流のファイザー、モデルナのワクチン確保が遅れたというのはとても大きいと思います。モデルナはまだ手に入りませんし(10月以降に有料でと言われていますが到着時期は今だに不明)、ファイザーはアメリカ政府からの寄付で先週金曜日に百万回分だかが届いたのが初めてです!でもデルタ株にあまり効果がないシノバックを2回受けた医療従事者に3回目のブースターとして打つ、高齢者優先で受けさせるなど言っていますから、一般の人に回ってくる可能性はかなり低いでしょうね…。こんな状況ですから政府批判があっても仕方がないと思いますが、メディアでフェイクニュースを禁止すると首相が言いだして、私は「これは政府批判を押さえたいからなんじゃないの~?」とすぐに思いました!

このファイザーが届くまでは中国製のシノバック、シノファーム、それから自国のサイアムバイオテックが製造するアストラゼネカを主流のワクチンとタイではしてきました。シノバック、シノファームはデルタ株に弱い、そしてアストラゼネカは副反応が心配だということで各国では接種禁止となったり高齢者にだけ打つなどしていますね。しかし、結局そんなこと言っていられない、とにかく打たなくては!というので、周りでもシノファーム(シノバックよりはいいという話です)、アストラゼネカを受けたという話を聞くようになりました。私と主人も恵まれています、主人の職場がらみでアストラゼネカを接種できました。今の段階ではこのアストラゼネカが手に入るベストのチョイスというあたりが悲しいです…。

ちなみにタイのワクチン接種済み回数は今日まででこのようになってます。
1回目 15,862,187回(約22%) 2回目 4,671,486回(約6.5%)
このうち半分ぐらいは効き目のないシノバック受けた人でしょう、この人達はブースターを必要としています。タイは意外と人口が多くて7千万近くいますから、まだ道のりは長いですね~。またアストラゼネカは1回目と2回目の接種の間を2か月から3か月と言われていますから、2回目の接種数が少ないというのはそのせいもあるのでしょうね。


★お知らせ★
日本のお盆とも重なりますが、タイもちょうど祝日なので今月は13日(木)、14日(金)はお休みを取らせて頂いております。また、月末は誕生日なんです!なので、26日(木)27日(金)やはりお休みをいただいております。多分どこにも出かけられませんが…。ご了承下さい。

お気軽にご質問ください!