为您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

Soprano Y.O 讲师的专栏

人生最大の大ピンチ!!!!!

周间主题: Funny Mistakes I Have Experienced in Language Learning

2021年12月2日

みなさんこんにちは。

面白失敗も笑えない失敗もしてきたワタクシですが、一つエピソードを。

あるオペラの配役オーディションを兼ねたコンクールを受けた時、要項に

『予選では、コンクールのテーマのオペラの役 [ oltre di ] 自由曲を演奏してください』
(和訳、[]内のみイタリア語のまま)

と書いてありました。
辞書を見ると、

oltre di : 『〜に加えて』、『〜以外に』

いや意味の幅が広すぎんだろ…

どっちの意味なのかによって、演奏する曲が大きく変わってきます。

『テーマのオペラの曲   [に加えて] 自由曲』 なのか、

『テーマのオペラの曲   [以外の] 自由曲』 なのか。


コンクールのテーマのオペラは、結構長くて大変なアリアが3つもあるものでした。

いや、こんなに大変なのに自由曲もって欲張りすぎよね?聴く時間そんなないよね?

ってことは『以外の』って意味でいいのよね?

と思い、自由曲を準備していきました。


当日、会場はあのかの有名なスカラ座です。楽屋口から入るだけでワクワク。


そして、同じ時間帯の何人かと一緒の部屋で順番を待ちます。

私の他にもソプラノが数人…


あれ?

みんな同じ曲練習してない?

てかこの曲あのオペラの曲じゃね??

え、やばい全く準備してないよ???暗譜すらしてないよ???


死ぬほど冷や汗、焦燥感。シャレにならん!!

そんな時、係の人が来て

「審査員がお昼ご飯を食べるので1時間休憩が入りまーす」


あざああああああす!!!!!!!!

楽屋に移動して、ひたすら暗譜しました。

後にも先にも、スカラ座の中で暗譜してそのまま歌ったのは私だけだと思います

結果は審査に落ちてしまったけど、(そりゃそうだ)

その場で3曲暗譜を完成させて歌いきった自分に大拍手でした。


今となっては笑える話。

外国で書いてあることがよくわからない時は、無理せず質問するのが一番ですね!!!


みなさんも、発声について、声の悩みについて、質問はありますか?

もしかしたらあなたの長年のお悩みも、

声のエキスパートであるオペラ歌手に聞けばすぐに解決するかもしれません。

『オペラ歌手のお悩み相談室』と題しまして、無料のカウンセリングを実施しています。

どうぞお気軽に、お話してみませんか?

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています♪

在线客服谘询