いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Makoto Numakunai 講師のコラム

サラリーマンが作曲活動していく上で一番大切な事

2016年5月13日

こんにちは!

昨日、「サラリーマンの為の作曲活動指南!」のレッスンを行いました。

生徒さんは、現在サラリーマンとして働きながら、色々なところで作曲を勉強し、まさにプロを目指して頑張っているところです。

30分という時間があっという間に感じられる程、色々な質問を受けたり、またそれに対して様々なお話をさせていただきました。

その中でこのような質問がありました。

「サラリーマンが作曲活動していく上で一番大切な事は何ですか?」

この質問に対して、僕は、月並みなのですが

「諦めないことではないでしょうか」

と答えました。

一言で「諦めない」というと、簡単ですね(笑)

その意味がすぐには頭に浮かばなかったので、何かうまく説明できなかったような気持が残ってしまいました。後追いになるのですが、こちらに補足ということで書かせていただきます。

僕もサラリーマンとして働きながら作曲活動し、プロを目指していました。

思うように時間が取れないし、結果も出ない。

本当にプロになれるの?周りからも言われるし、自分でもそういう気持ちになってしまいます。

もうサラリーマンがプロの作曲家になるなんて、もう諦めた方が良いのかな?そう思う事もありました。

そんな時に、当時お世話になっていた事務所の方に言われた言葉があります。

「焦らずやろうよ。君が諦めない限り、音楽も夢も逃げて行かないよ。」

そう、音楽は逃げないんです。諦めない限り。

例え、作曲する時間が取れなくても、結果がでなくても、曲が評価されなくても、ちょっとずつでも続けていれば音楽はいつもあなたの側にいてくれます。

今は辛くても、いつか状況が変わります。

諦めたら、音楽も夢もそこで終わります。でも、まだ人生は何十年も続きますよね?

辛い時は、「今はちょっと回り道しているだけ、諦めなければ音楽は逃げない」

この言葉を思い出して、頑張って行きたいですよね。

そんな意味が「諦めないこと」という回答の中にありました。

サラリーマンの為の作曲活動指南!」サラリーマン以外でも、進路に悩む学生さん、主婦の方、音楽活動に悩んでいる方どなたでも歓迎です。

 ブログ「サラリーマンがプロの作曲家として稼ぐ秘訣教えます」もよろしくお願い致します

お気軽にご質問ください!