いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Akiko.T 講師のコラム

~弓道と私~マイプロフィール

2017年6月19日

Akiko.Tです。

高校の3年間、弓道部に所属していました。

弓道は『武道』にカテゴライズされます。

的に向かって矢を射るので、大会の時は「何本当たったか」という本数を競います。

的に当たれば中心か端かは関係なく「当たり」で、的に当たらなければ、「はずれ」。

いたってシンプルな採点方法です。

しかし、「当たればいい」というものでもないのです。

「弓道〇段」という段を取る審査の場合、当たることは必須条件ではありません。(弐段までの場合)

所作の美しさ、呼吸や動作の滑らかさなども評価されます。

そして、多くのスポーツと違い、相手は動かぬ的。

心が乱れたり、自分の体感がぶれたりすると的に当たることはたちまち難しくなります。

「平常心」

何度聞いたことか。。。

的は「自分自身」と思うと、当たらなかった時の言い訳を人のせいに出来ませんね。

公立高校だったけど、立派な施設があり、このような経験が出来たことを今になってしみじみと「有難いなあ」と思ったのでした。

お気軽にご質問ください!