いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Ryoko.S 講師のコラム

人生相談の薦め:人生向上に欠かせないのは、自分を知ること、本来の自分として生きることに自信を付けること。

2018年2月19日

自分の顔が鏡といったもので映し出さないと見えないように、相談者の思考を鏡となって映し出すこと、すべての基盤が愛情だと態度で無意識の部分に伝えられることが他者の人生を支える相談役を勤める者の役割だと思っています。

人生相談では、心の浄化として言えなかった思いを言葉にすることも大切ですが、心がある程度落ち着いたら、「どのように自分と向き合うのか」という自分との新しい付き合い方の基盤をまず学び、自力で自分を正しい方向に導いてゆく力を育ててゆくものが大きな目的の一つであるべきだと思います。過去に学ぶ機会が得られなかったことを学んでゆく機会にしてゆくのです。

心の学びは、武道やピアノのレッスンと似ていますね。基礎の型をしっかりと身につけることでその後柔軟に応用してゆけるのです。そうした力を身に付けないと他者依存から抜け出せません。依存させることが目的のものは好ましくないですよね。占いブームにはそうした日本人の依存傾向が根底にあるのだと思います。

スカイプ相談で気が付いたのが、他者依存が日本人の方の大抵のお悩みの裏にあること。これは人生向上に必要な自信をつけさせません。人目を気にして自分の言動や判断を他者に気に入るように常に選ぶことで、正しさの判断力がつかないので、さらに他者に依存し続け真理を察する直観や創造力が育ちません。また、何でも人のせいにしてしまう責任転嫁も他者依存の一つです。自分の気持ちは自分の責任です。

また、責任と勘違いしやすいのが、「自分が間違っている」といつも不安に思ってしまうこと。それは向きわないと悪化します。逆に他者を気にせず自己中心に走ってしまうことは他者を振り回し、社会を崩壊させるので大問題です。バランスが必要です。責任とは、自分や他人を責めるのではなく、自分の無意識の部分を理解して、学んで成長してよりよさを追求してゆくこと。

自信が無いと、不安からのジェラシーやイライラ、攻撃的さや自己卑下、ひがみ、ねたみ過度の競争心に陥りがちで疲れやすく寂しい孤独に陥りやすいのです。指摘されたことをアドバイスと受け取れず攻撃されたとみなし、落ち込むか反撃してしまいます。傷ついた獣のように生きてしまうのです。

私と相談され、自分探しを始めたいとの願いが強まると、様々な挑戦が急に降りかかってくるケースもよくあります。というのは、自覚されることであなたの魂にその意思が伝わり、閉ざされていた心の扉が開き、自分探しの本格的な旅が始を始めるよう、自分の課題(弱点、偏り)を自覚するに必要な状況や人を引き寄せるです。ご自身のハイヤーセルフの仕業とも言われます。

自力で自分の問題を解決してゆく能力を付けてゆくには個人差がありますが、安定するまでは、初めは相談に時間がかかる場合があります。基盤が整うことで深い自信も育ち始め、どんどん相談の必要も減り、メインテナンス程度で済むようになってゆきます。心の方程式が理解で来たら、条件を当てはめれば答えが見出せるのです。この世はすべて論理でできていますから。(人間社会からの妄想が論理を妨害します)

物足りなさ、イライラ、いわれのない悲しみや落ち着きの無さは心の底からの「向き合うことがあるよ、気づいてよ」という自分探しの必要性があるというサインです。気になることに一歩踏む込むことで、全てとのつながりを知っている神聖な部分の本来の自分に出会ってゆけるのです。

心の旅のガイドは任せてください。15分のセッションも設けているので、お試しとしてご利用下さい。

レッスンでお会いしましょう!

Ryoko

お気軽にご質問ください!