為您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

Yumi.A 講師的專欄

おすすめ書籍「日本人の英語」

2020年10月26日

こんにちは!英会話講師のYumiです。
今回もおすすめの本「日本人の英語」をご紹介していこうと思います。

個人的に、横書きの本って安心するんですよね…。(?)
以前国語教師の方が「人間の目は横長になっていて、横に流すことは容易いが、縦の動きは鈍くなる」 とおっしゃっていたのも影響しているかもしれません。


さて、こちらはマーク・ピーターセン氏による日本語で書かれた「日本人の英語」について 書かれた本です。
更に限定して言えば、「日本人が間違いやすい・勘違いしやすい英語」についてです。

 特に面白いのが、英語母語話者にとって日本語母語話者がやってしまいがちな不自然なミスをどう感じるのか、を日本語で詳しく書いてくれています。

例えば、
「昔々おじいさんとおばあさんいました」が、「昔々、おじいさんとおばあさんいました」 

どちらが「ん?」と思いましたか?

右も左も意味は通りますが…右の文を聞くと「あれ?」と思いますよね。

(余談)
が⇄は 
かなり文法の定義が難しく…「私はYumiです」「私がYumiです」どちらも完全な文ですよね?
じっくり考えてみると、微妙な違いが見えてくると思いますが、意識しながら使っている日本人はいないと思います。

もしアナタが日本語講師だったとして、生徒が上記のミスをしたとき、「は、いましたではなくて、が、いました。ですよ」 と注意しますか?

実際意味が通るからそこまで注意を払わずに流してしまうかもしれません。
違いが説明できないから…と聞こえないふりをしてしまうかも…?

こういった「ちょっとしたミス」がネイティブにとってどんな感覚なのか、日英で読めるのが面白いです。

逆に考えると「こういったミスでも日本語だとこんな感じに聞こえるのか、じゃあ間違いを恐れずにコミュニケーションを取ろう!」と思えるかもしれませんね。

もちろん文法もしっかり説明してくれるので、大変参考になる一冊です。

皆さんのおすすめの一冊があったらコメントで教えてください^^

線上客服諮詢