為您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

Salon de YOKO 講師的專欄

ワインと芸術 #1 ~ヘミングウェイ~

2020年6月1日 | 2 評論

こんにちは!Salon de YOKOです。

今日はワインと芸術についてのお話を。

ワインと文学、ワインと音楽、ワインと絵画など、
ワインには芸術家たちのインスピレーションをかき立てる何かがあるようです。

というわけで、
ワインを愛した芸術家たちのエピソード、
ワインにヒントを得て生まれた芸術・・・などについて、
折に触れ、このコラムでご紹介していきたいと思います。

さて、第1回目はアーネスト・ヘミングウェイ。
「武器よ、さらば」、「誰がために鐘は鳴る」などで有名な米文学の巨匠です。

ヘミングウェイはノーベル文学賞を受賞し、
数々の素晴らしい作品を残した成功者だった半面、
結婚生活の挫折、精神疾患の発症、凄絶な自殺など、
もう半分は苦難多き人生でもありました。

その波乱万丈な生涯の中で、彼がこよなく愛したものの一つに
ボルドーの銘酒、シャトー・マルゴーがあります。



シャトー・マルゴーはいわゆる5大シャトーのひとつで、
「ボルドーの女王」とも讃えられるエレガントなワインです。

ヘミングウェイは生前、たびたびシャトー・マルゴーを訪れては
多くのヴィンテージを楽しみました。

あまりにマルゴーが好きすぎて、
孫娘に”マーゴ”と名付けたのは有名な話!

「シャトー・マルゴーのような魅力的な女性になるように」
との願いが込められていました。
その名前の主が女優のマーゴ・ヘミングウェイです。

ちなみにマーゴは1970年代後半に、
日本の某食品会社のマーマレードのCMに出演されていたようですよ!

シャトー・マルゴーは高価なワインで、
なかなか購入のふんぎりがつかないようなお値段なのですが(笑)、
ヘミングウェイのこの逸話を聞くと、
幼い孫娘が無邪気に遊ぶのを見つめながら
静かにマルゴーを傾けるヘミングウェイの様子が目に浮かび、
なんだか微笑ましくなります。

その後、奇しくもヘミングウェイの命日のまさにその日に、
40代前半という若さでマーゴが亡くなられたのは、
何とも悲しいことです・・・。

もし、シャトー・マルゴーを飲む機会がありましたら、
ヘミングウェイの小説もぜひ、お手元にご用意いただき、
少しの間、彼の人生に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね!


線上客服諮詢