Un tocco di stile alla tua vita.

Cafetalk Tutor's Column

Rubrica di Saoringo

ロシアの四季 夏編

Aug 31, 2020



皆さんこんにちは

ピアニストの手嶋沙織です。


さてロシアの四季シリーズ第2弾、今日は夏を御送り致します。


前回、ロシアの四季のお話しましたが、ロシアには夏があります!

7月から8月上旬までですが、とても暑いです!

ここ5年で一般家庭にも冷房が入るようになりましたが、まだ冷房を入れていない家庭も少なくありません。
それほど縁のない代物だったのですが、近年の地球温暖化の影響により年々気温が上がっております。

体感温度は日本より涼しいのです!

湿気がないため、ジメジメした暑さはありませんが、太陽の日ざしが肌に刺さるような暑さを感じるのです。

よって日焼けし放題です!!!


ロシア人は夏に長期休暇を取ります。
その期間に南へとバカンスにいくのです。
まだまだ貧富の差が激しいロシアですが、富裕層の人々はヨーロッパに休暇へいきます。
一般より少し裕福な方はソチなど、南ロシアへと旅立ち、その他の方や、学生などはモスクワの川辺で寝転がり、日焼けをします!

日本人の感覚からすると、『夏はお肌の天敵!紫外線が多い!日焼け!日が差して日焼け止め塗って!』と考えるところですが、ロシア人は『夏は焼くぜ!』という具合に、わざわざ日焼けをするために川辺へ行って寝転がります。

日焼けをすると、海外など温かい場所でバカンスに行ったんだ!と思われるので、わざと焼くのです。
人目を気にしているロシア人、かわいいなと感じます。


そして、夏はやっぱりスイカ!

ロシアは道端で山積みになっているスイカを買います!
日本のようにカットスイカなんて、高級スーパーにしか売っていません。
昔の日本のように1つ1つのスイカを叩き、自分で選ぶのです。
日本に負けないくらい、甘いスイカなんですよ!

海に行けないロシア人は、川で泳ぎます。
私は実家から海まで車でいける距離なので、海で泳ぐことはイメージつきますが、川で泳ぐのは初めての経験でした。
ちょっと匂いがするのですが。。。笑

そんな短くも楽しいロシアの夏でした。

 

 

また、多くのロシア人は、『ダーチャ』という郊外の別荘にいきます。
ソ連時代支給されたようで、ダーチャを所有しているロシア人は結構います。

ダーチャでは野菜や果物を作り、収穫した後野菜は酢漬けに、果物はジャムやコンポートにして瓶詰めし保存食を作ります。
ビタミン類の取りにくい冬場の為に、夏準備をするのです。
ロシア人にとって夏は休暇だけでなく、長い冬を快適に暮らすために準備する期間ともいえます。


それでは次回はロシアの秋を御送り致します

ではでは

 

Пока!

Got a question? Click to Chat