为您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

AKANE.U 讲师的专栏

わたしを 豊かに してくれたもの ①英語Part.1

2021年3月3日


はいたーい!

 

日本語チューター&接客英語講師のあかねです。

今日から しばらく、「わたしを 豊かに してくれたもの」という テーマで コラムを 書きます!

 

よく世間では、特に女性は 「若いままで いたい」「年を とりたくない」といいます。

でも、わたしは、20歳のときのわたしより、30歳になった 今の わたしのほうが ずっとずっと 好きです。

それに、今の人生の方が 豊かで、今の生き方の方が 何倍もたのしいんです。

だから30歳になったとき、めっっっちゃ ワクワクしたんですよね。

 

そんな”わたし”に してくれた、「わたしを 豊かに してくれたもの」について 書いていきます。

今 日本語を 勉強している人、英語を 勉強している人に 読んで もらいたいです。

とくに、失敗がこわいと思ってる人、「もうあきらめたい」と思ってる人は、読んでみてください。

語学は ただのツールかも しれないけど、わたしは 「語学は魔法」だと 思っています!

 

 

わたしを豊かにしてくれたもの①英語 Part.1


すべての 原点は これです。 
これが なかったら、絶対に 今のわたしでは ありません。

これがなければ、今 こうして 日本語や 英語を 教えようとも 思わなかったと 思います。

いままで 私が やってきたこと すべてが、 これに つながっています。

 

中学生の時、わたしの夢は「旅人に なること」でした。

田舎で 育った わたしは、見たことのない、大きな世界に 興味が ありました。

高校生になると その興味は どんどん 大きくなり、

「旅人になるにはどうしたらいいんだろう?」と、高校生のわたしは考えました。

そこで「英語をちゃんと勉強しよう」と 決意しました。

 

高校 二年生の 時には、オーストラリアに ホームステイに 行きました。

今 考えたら、英語なんて ぜんぜん 話せなかったのに、 すごく 楽しかったです。

 

高校を 卒業し、今度は 英語を学ぶ 専門学校に 入りました。

そこで7カ月間、アメリカの フロリダに ある ウォルトディズニーワールドで、 働きました。

インターンが おわったときの 記念(きねん)の 写真


「ウォルトディズニーワールドで 働くって 楽しかったでしょ?」って よく 言われますが、ほんっとに つらかった です!笑

なぜか? 英語を たくさん 勉強してきたのに、 全然 聞き取れない! 全然 わからない!

この「勉強してきたのに、わからない」という 現実が、ほんとうに つらかったです。

 

すこし長くなってしまいましたね。

このアメリカでのけいけんがきっかけで、わたしはおおきく変わったんですが、

そのことは、明日のコラムにかきますね^^


在线客服谘询