Un tocco di stile alla tua vita.

Cafetalk Tutor's Column

Rubrica di Kana.H

心の風邪

Weekly Topic: Let me tell you what is happening in my country right now !

Apr 12, 2021

こんにちは!

日本は新緑が美しい季節に突入しました\(^ ^)/


今日のテーマは

「今、私の国で起きていること」。


最近、授業で

日本の「五月病」について

生徒さんたちと話をしたので、

「心の病気」について書きたいと思います。

ちなみに生徒さんの国では、

五月病のような、

新しい環境で心が疲弊することは

ほとんどないそうです。


日本では、

程度や症状にもよりますが、

心が病気になることは、

とても恥ずかしいこととか、

そういう人と関わると悪影響だと考える人も多く、

自分がそうならば、

隠したり、

そういう人がいるならば、

避ける傾向があります。

実際は、ほとんどの人が

心の健康維持に

大なり小なりの問題を抱えていて、

私もそうした問題や病気を

複数持っている一人です。

また、実際には心の病気ではなくても、

常識から外れた言動をした場合、

そういう括りになるケースも

あるように思います。


* * * 


昨年、日本で、

有名な俳優さんたちが自らこの世を去るという

悲しい出来事が立て続けに続きました。

ちょうどその時にレッスンをした生徒さんが、

日本人の心の状況をとても心配してくれていて、

その時の言葉がとても印象に残っています。


生徒さんの国では、

心の病気は風邪と同じで、

例えば会社の同僚がうつ病になったとわかったら、

病院行ってしっかり休んで治してきなよ

という感覚なのだそうです。

日本でも、うつ病になった著名人が

休みを取って回復に努めたケースも出てきて、

心の病気について、

風邪まで身近な扱いではなくても、

インフルエンザくらいにはなってきたのかなと思い、

時代が変わりそうだなと思っていたのですが、

昨年の出来事だったり、

全体の雰囲気を見ると、

まだまだ難しい状況です。


かかってはいけないものから

かかったら治せばいいという印象になる

「心の病気は風邪」。

この考え方が世の中に浸透するだけでも、

周囲に助けを求めやすくなったり、

救われる人がいるのではないかと

個人的には思います。


* * * 


「心」は、私が自分自身を実験台に

死ぬまで向き合うテーマです。

なるべく風邪をひかないよう、

鍛える部分といたわる部分とを見極めて、

上手に付き合い管理することが、

大切なのかもしれません。


コラムを読んでいただき、ありがとうございました。


Kana

Got a question? Click to Chat