为您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

Keiko Davy 讲师的专栏

私がした英語での大失態(かなり笑われました…)

周间主题: Funny Mistakes I Have Experienced in Language Learning

2021年11月30日


カフェトークの皆さん、こんにちは。タイ在住、2年目を迎えた英語・日本語のバイリンガル講師、Keiko Davyです。今日は今週のコラムのテーマ「語学学習で経験した面白失敗談」というのに合わせてコラムを書いてみることにしました。

外国語を話していて失敗した~!という経験はどなたもあるかと思いますが、笑える失敗談となると私が最初に思いつくのはこちらです。

2000年にオーストラリアで住み始めた時の話です。その当時、ホームステイをしていて、ホストファーザーから買い物のお願いをされました。ホストファーザーからは紙に何と店で言わなくてはならないのか書いてもらったのですが、英語の練習のために「それを覚えて見ないでお願いしなさい!」と言われました。

頼まれたのはNews AgencyでTattsLottoを買ってきてほしいというもの。これを読んで「何、それ?」と思われた方も多いかと思います。私もその当時は???でした。News Agencyというのは an organization that collects news and supplies it to newspapers and television and radio companies の意味ですが、オーストラリアでは新聞や本などを売っているちょっとした本屋さんのことを指します。そしてTattsLottoというのはlottery、つまり、福くじ、宝くじのようなものを指します。なぜかNews Agencyのカウンターでその福くじが売っているのですが、そのくじを買ってきてほしいと言われたんですね。私も今だにこのTattsLottoのシステム分かってないんですが、いろんな種類の物が買えます。Jack Potで大当たりの日もあったりします。興味のある方はこちら、読んでみて下さい。

https://en.wikipedia.org/wiki/TattsLotto

確かホストファーザーから書いてもらったカウンターで言うフレーズは、
Can I please have 24 quick picks? 
そんなんだったと思うのですが、英語の練習のために紙を見ずに言えと言われ一生懸命覚えたのにも関わらず、緊張のため、半分は何のことを言っているのか分からないために出てきたフレーズは確か
Can I please have 24 quick pick ups? 

pickを pick up としか覚えていなかった私はこう言って、店員さんに大爆笑されます。でも自分では何でそんなに爆笑されなければならないのかもさっぱり分からず…無事に買わなくてはならないくじを買って帰りましたが、ホストファーザーに「なぜか爆笑されたのよね」と報告してカウンターで何と言ったのか伝えたら、彼にも大爆笑されました。

pick up = to start talking to somebody you do not know because you want to have a sexual relationship with them 

当時、pick up = 拾い上げる、にそんな意味があるなんて思ってもいませんでした!とりあえず、軽くナンパ!っていうことでしょうか(笑) それも若い女の子がお店で堂々とです(笑) 何のことを言っているのかチンプンカンプンなのに、丸覚えで言おうとするのって駄目なものですね!

英語を話していて、頭の中がごちゃっとなって、electionとerectionの違いが分からなくなって一瞬戸惑うとか…そういうのもありました。あの、これ、教室で生徒の前で話している時ですから、生徒にも私がこの二つの単語で一瞬頭が!?となっているのが伝わっているんですよ。もちろん election=選挙と口からは出てきましたが、あの時生徒たちは皆、私がerection=勃起、というのを期待していましたね~(笑)。もちろん、その後は一緒に爆笑。こういう自分の間違いや戸惑いを笑い飛ばせる余裕は必要ですね!皆さんはどう思いますか??

★お知らせ★
年末は12月24日から1月5日まで休暇を頂く予定でおります。年末年始はプーケット島へ。タイへ来て2年にもなるのにコロナのせいで、スキューバダイビングも一度もしないままここまで来ました。今年の年越しはシミラン諸島へのダイビング旅行のボートの上で過ごすことになります!

今年もありがとうございました!また来年もよろしくお願いいたします。

在线客服谘询