Un tocco di stile alla tua vita.

Cafetalk Tutor's Column

Rubrica di Miki.Ta

はじめまして。 ヨガと私

Aug 24, 2020

はじめてコラムを投稿します!
ヨガ講師として活動している、みき(Miki.Ta)です。

今回は、自己紹介がてら、私がヨガとどう付き合ってきたか、を書きたいと思います。

私がヨガと出会ったのは、学生時代に旅行で行ったメキシコでした。
当時の私はバックパッカー(というのかな?)で、行き当たりばったりな旅行をしていました。
とある町で知り合ったメキシコ在住の日本人のご自宅(写真の場所)に泊めていただいた時のこと。
「最近、ヨガを習い始めたから、朝一緒に練習しようよ!」
とお誘いを受け、一緒にやったのが、アシュタンガヨガでした。

その少し前に、漠然と「ヨガやってみたいな~。でもどの先生が良いとか分からないし、一人では出来ないのかな?」と思っていたこともあり、ポーズの順番が決まっているアシュタンガは、覚えれば一人でも出来る!というメリットがあったのでした。

その約1年後。
(気にはなっていたけど、特に行動せず1年が経っていたw)
たまたま通りかかった自宅近くのヨガスタジオ。
外に置いてあったチラシを見たら、何と!アシュタンガヨガのクラスが!!!!

当時は、1,2週間に1回のペースでスタジオに通ってました。
一人でも出来る!とか思ったけど、結局一人だと何だかんだ理由をつけて(単なる言い訳w)やらないのですよね~汗

そんな生活が6年くらい。
頻度は少なかったけど、6年もやっていると結構体が変わるものです。
継続は力なり、ですね。

その後、海外に短期移住(1年)し、
仕事もせずフラフラしていた時に、「時間があるのだから、仕事してたときに出来なかったことをやろう!」
と思い立ち、毎日スタジオに通い始めました。
(もちろん、朝起きれなくてサボったこともありますよ~)

そんな生活の中で、ヨガを伝えてみたい!
という気持ちが出てきたのです。

それまでは、自分なんかが教えるなんて…って思ってました。
今でも、その気持ちが全くないわけではないかも。
それでも、「素晴らしい先生は沢山いるけれど、今の自分に出来る範囲でやっていこう!」と。
やりたいと思った自分のために、行動してみようと。

帰国後、日本でお世話になっていた先生のアシスタントという形で
ヨガを伝え始めました。

これが、私がヨガと出会ってから講師を始めるまでの話です。

現在に至るまではもう少し紆余曲折あるのでw
次回また続きを書きますね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
Miki


Got a question? Click to Chat