Sakura講師のインタビューです!

 

今回は国際的な経験が豊富で、カナダ在住のSakura先生のインタビューをお届けします。

 

Q.Sakura先生、こんにちは。まずは簡単に自己紹介をお願いします!
Q.Hi, Sakura. First of all, would you like to give us a short introduction.

A.みなさんこんちわ桜です。私はブラジルで生まれ、小学生のときに日本に移住しました。それまではポルトガル語しか話せませんでしたが、家族の引越しをきっかけに日本語を学びました。高校卒業後しばらくタイでボランティアをした後に、カナダの大学に入学するために英語学校(ESL)に通いました。こうした言語の経験があったからこそ、現在英語を学ばれている生徒たちの気持ちや苦労が理解できると思います。
仕事のとき以外は、オカリナを吹いたり、ガーデニングをしながら愛犬のアポロと遊んだりしています。ここ数年は“Sustainable Lifestyle”、地球にも体にも優しい生活を、楽しんでいます。庭にあるみみずコンポストもその一例です。
A.Hello everyone! My name is Sakura. I was born in Brazil and moved to Japan when I was in elementary school. I originally spoke Portuguese, and learned Japanese when my family moved to Japan, and then learned English at University in Canada. I believe my background helps me to understand how my students feel when learning English, and the difficulties they may feel. In my free time I usually play the ocarina and play with my dog, Apollo. I also love gardening and I’m interested in sustainable lifestyle.

 

Q.どこにお住まいですか?住んでいる町のことや現在の生活のこと、
教えてください。

Q.Which part of Canada do you live in? Please tell us about your town.

A.現在カナダのBC州にあるケローナという町に住んでいます。バンクーバーからは車で北に約4時間のところにあります。たくさんの自然に囲まれていて、ゆったりとしている町です。ワイナリーや果物畑でもとっても有名ですが、私が一番びっくりしたのはオカナガン湖に住んでいると言い伝えられているネッシーのような(写真に写っている)オコポゴという生物です(笑)
A.I live in a city called Kelowna in the province of British Columbia. It’s about 4 hours away from Vancouver city. The nature here is very beautiful and because it’s not a big city like Vancouver, it’s very laid back and comfortable to live in. Kelowna is famous for its winery, orchards and the Ogopogo, a legendary lake monster that reputedly resides in Okanagan Lake.

 

 

 

Q.卒業後も色々と国際的な問題について取り組んでいたようですが、特に印象に残っている出来事はありますか?
Q.According to your profile, you worked on various international problems. Do you have any memorable episodes?

A.一番印象に残っている思い出は私がブラジルの児童養護施設でカウンセラーとして働いていたときのことです。そこの施設ではほとんどの子供がストリートチルドレンというバックグランドを持っていて、想像を絶する経験を生き抜いた子達が生活していました。その中の一人の女の子は初めて会ったときから、大人が信用できず、約半年間働いていた期間中ずっと私にもとても怯えていました。しかし、最後の日に庭で子供たちと作業を終えたときに、ふとその女の子は私の手を握りました。その瞬間、私のやっていることにも意味があるのだと実感をして思わず笑顔と涙がこぼれました。一生忘れることはない瞬間ですね。
A.My most memorable experience was when I worked at an orphanage as a counselor in Brazil. Most of them were former street children with unimaginable hardship. There was one girl who seemed very scared of me when I first met her. I was there for half a year and the whole time she didn’t trust me. On my last day there, the girl held my hand and I felt that there was meaning to my work. I will never forget that feeling.

 

Q.英語が不得意だった…とありますが、大学を卒業し、英語の講師もされていますね。どのように英語を克服されたのですか?英語の学習につまずいている方に是非、アドバイスをお願いします。
Q.I heard you were not good at English. However, you graduated university in Canada. Moreover, now you are a tutor who teaches English! How did you improve yourself? Could you please give an advice to students?

 

A.英語学習を始めたころから毎日英語の子供番組を観ています。言語を習得するにはどんな少ない時間でも毎日触れることが大切です。まずは簡単なものからしましょう。私の場合は子供番組を録画してリスニングや発音を毎日真似て、簡単フレーズをリピートしていました。いきなりニュース番組や映画を理解しようとするとあまり続かなくなります。海外に住んでいなくても、毎日少しずつ学習すると英語の力も積み重なります。また、英語に対する苦手意識が高かったので、興味のある分野を通して楽しく勉強もしました。例えば、私は料理が大好きなのでインターネットで英語のレシピを検索して単語や熟語を覚えました。英語は“バランス”も大切です。文法だけではなく、リスニング、流暢さ、単語力、表現力、そして発音などなど、全てがスピーキングにつながっています。例えば一期間文法を勉強したら、その次は流暢さがあがるようにたくさんフレーズを覚えるなど、バランスのいい学習方法をするといいと思います。
A.When I started studying English I watched children’s TV shows everyday. And I still do! I believe it’s important to expose yourself to the language every day. Start somewhere easy like TV programs for kids. You don’t have to live overseas as long as you do something and try and learn something everyday in English. Find something you like and try to incorporate English in it. For example, I enjoy cooking, so I usually find recipes online in English. I would say my kitchen vocabulary is really high thanks to the English recipes! English is also about balance. Once you work on your grammar, try something new to improve your fluency, then work on your listening, and don’t forget the pronunciation!

 

Q.先生のレッスンの特徴を教えて下さい。
Q.What would you say are the biggest features of your lessons?

A.一番の特徴はスピーキングを基調としていることです。私が一方的に質問をすることがないように、生徒にも私に質問などをするようにしています。初クラスでは一緒にレッスンの内容やフォーマットを相談します。「今日ほんまにあった話」以外のレッスンでは通常プリントをあらかじめ送らせてもらっています。英語での会話が中心ですが、文法事項やニュアンスの説明は、100%理解をして頂くために基本的に日本語で行っています。新しく習ったことが多いレッスンの後は“本日の単語とフレーズ”をメールでできるだけ送るようにしています。
A.The biggest feature I would say is that all my lessons are conversational. I encourage my students to ask questions and we decide the format and content of the lesson together. Usually there will be some worksheets that would be provided to students. I also use Japanese in my lessons for explanations and where I believe it’s critical that the student understands 100%.
After lessons, I usually send my students an email with “Today’s words and Phrases” so they can review some new things they learned in the lesson.

 

Q.先生の人気のフリートークレッスン、「今日ほんまにあった話」では、どのようなことを話すのでしょうか?初めての場合、不安な生徒が多いと思います。何か話題を用意しておいた方がいいですか?
Q.What do you talk about in your popular free talk lesson, “今日ほんまにあった話” ? If a student is a beginner, he or she are worried about a free talk lesson. Do they need to ready any topics?

A.話す内容はいろいろですね。あらかじめ、生徒が話したい内容や授業の要望をリクエスト時におくってもらいます。内容希望がない場合はレッスン名通りその日や週のことについて話します。初レッスンの場合は、お互いの自己紹介トークとその生徒の目標・目的、そして勉強のアドバイスをします。話した内容をもとに生徒ニーズにあった私の他のレッスンを推薦することも多いです。
A.I usually ask the students what they want to talk about, such as what happened on that day, or on that week. For the first lesson, we introduce ourselves and talk about the students goals both in English and in Japanese. Based on our conversation, I can recommend the student a good class to take with me to help them to reach their goals.

 

Q.最後に、カフェトークの生徒にメッセージをお願いします。
Q.Finally, would you like to leave a message for our students.

 

A.語学学習はマラソンのようなものです。日々のトレーニング、短期目標と最終目標を持つことが大切です。一気に最終目標の42,195kmを走りきろうとすると大変です。なので、まずは短期目標を定めて、目の前の電信柱まで走る。そこにたどり着いたら、次はその次の目標地点まで。。。とコツコツ努力と根気が必要です。英語学習を積み重ね、最終目的地点の“流暢な英語を話す”ことを達成できるように応援しています。

❝Learning is a treasure that will follow its owner everywhere.❞‒Chinese Proverb
(何かを学ぶことは自分への最高の投資だ)―中国のことわざ

A.Learning English is like running a marathon. It’s important to have a goal and always strive to reach that goal. It’s not easy and can be painful and lonely. However, run a little bit everyday and one day you will finish the marathon!

 

Sakura先生ありがとうございました。レッスンの予約はこちらから。





sakapo

教えるカテゴリ
英語

出身国
ブラジル

居住国
カナダ

言語レベル
日本語:ネイティブ
英語:ネイティブ級
ポルトガル語:日常会話

レッスン可能時間
月:09:00 - 14:00
月:22:00 - 14:00
火:22:00 - 14:00
水:22:00 - 14:00
木:22:00 - 00:00
金:22:00 - 00:00
土:09:00 - 14:00
土:22:00 - 00:00
日:09:00 - 14:00
日:22:00 - 00:00

※レッスン可能時間は日本時間です。マイページよりログインするとご自身の現地時間で表示されます。