いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Spiritual Counselor Keiko 講師のコラム

2020年3月の新月の聖マリアスピリチュアルメッセージ  新型コロナウィルスはあなたがたの「貪欲」が生み出したものです

2020年2月28日

2020年3月の新月の聖マリアスピリチュアルメッセージ 
新型コロナウィルスはあなたがたの「貪欲」が生み出したものです

宇宙の母なる存在・水の源を守護する存在 2020年2月27日 
spiritual reading Keiko Tokino
©
 

新型コロナウィルスはあなたがたの「貪欲」が生み出したものです
 

 心を静かにして聞いてください。あなたの心の水が澄んでいることを確かめて、私のメッセージに耳を傾けてください。この美しい水惑星・水のエネルギーの惑星に、新しい病原菌が生まれ、たくさんの人が感染し、命を落とすとき、「貪る(むさぼる)心・貪欲さ」にあなたがたは気づかなくてはいけないのです。闇の世界は、あなたがたの心に入り込み、美しい地球も、知恵を持った人間も破壊しようと、いつもチャンスをうかがっています。「光と闇」の世界の戦いは、聖書の中のお話ではありません。神話の中の寓話でもありません。今もここに確かにある世界なのです。

 

3次元=肉体を持った世界である限り光と闇は消えることはありません
 

 あなたがたは、肉体を持ち、転生をくり返し、「3次元」とあなた方が名付けた物質=形ある世界を生きています。エネルギーが生まれる時には、二つの相反する力が必要です。「光と影」、「陰と陽」のように、両極のエネルギーがぶつかりあって、新しいエネルギー、生命体が生まれています。これは3次元での「生命の誕生のメカニズム」です。陰と陽に、善悪はありませんでした。ただ相反するエネルギー体として存在し、自分にないエネルギーを知り、受け入れ、新しく進化していくための要素に過ぎなかったのです。陰と陽に、善悪という「価値観・考え方」をひそかに注入したのは、「悪なる世界・闇の世界」のコントロールです。「陰陽」と「善悪」を切り離して考えてください。異なるエネルギーは、「信頼」と「受け入れ」そして「変化」の学びになるのです。


アセンションの時間を今生きています

 物質という肉体の眼で見える「形」が必要ではなくなった高次のエネルギー体では、新しいエネルギーは、静かに光の中から生まれています。地球のエネルギーが進化した時、「物質界」からはるかに高い周波数を、あなたがたはエネルギー体として生き、静かでおだやかな光がずっと続いていくことを体験するでしょう。2012年から始まった「水のアセンション(魂の深い気づきと目覚め)」は、あなた方一人一人に「ライトワーカー」として生きるチャンスの道を示しています。体内の70%の水をきれいに、静かに保ってください。地球へきれいな呼吸を返してください。貪って生きるのではなく、今あることに「足りる」ことを知り、感謝を地球や宇宙へ送りましょう。あなたの血液が水であることを思い出しでください。涙を流すとき、あなたは海から来た存在あることを思い出してください。あなたがやがて高次のエネルギーとなって、気づきや導きを送る存在に進化できることを、希望を持ってイメージしてください。
 高次の魂はすでに、まだ気づきの少ない魂やエネルギー体へ働きかけることを、ごく自然に行います。それが宇宙全体の秩序を保ち、必要な変化を起こしながら、進化していくことを知っているからです。
 

新しい細菌は、あなたがたの「貪る心・限度を過ぎた欲」が生み出したものです
 

 新しい細菌は、あなたがたの「欲望・貪る心」が形となったものです。宇宙はエネルギーでできています。エネルギーで動いています。あなたがたの感情は大きな「エネルギー」であることにもっと気づいてください。負の感情、怒り、怖れ、憎しみ、必要以上の不安、他者の排除、差別、支配、自分を律することができない弱さ、中でも欲望は、人間だけが増幅・増大させた「負の感情」です。ある欲望が限度を超えて地球や・ある地域に広がると、「欲」という感情が、病原菌へと変異します。あなたがたの負の感情が増幅し、やがてあなたがたを攻撃する「細菌」という形を与えてしまうのです。物質界ではこのように「感情」が、物質を作り出し、作用し、また破壊しています。 
 

仏教の三毒の一つが「貪・とん」です
 

 仏は仏陀を通してメッセージしました。人間の最も気をつけなければならない煩悩は、「貪(とん)・瞋(じん)癡(ち)」です。「貪る」心は、毒をまき散らしているようなものです。病原菌と同じです。感染した人はみな「欲望」にとりつかれて、心と身体の正しいエネルギーを失っていきます。やがて増大した「貪」は、病原菌に形を変えて、あなたがたの健康・生命・生活を脅かし始めるのです。
 「食」欲、「金」欲、「権力」欲、「性」欲、「他人より優位でいたい」欲、「他の国を脅かしたい」欲。こうした「欲」に取りつかれた人間、国、宗教がある限り、地球は幸せになれません。「消費主義」は、あなた方が生み出した「破壊への道のり」だと気づいてください。新型コロナウィルスは、その気づきのための出来事です。感染が広がっているのは「消費主義・貪る心」が、地球全体の問題であることを、宇宙はメッセージしています。宇宙はあなた方を、困難を与えたり、破壊へみちびくためにこのような気づきを送っているのではありません。大いなる母の愛で、「みずから気づき、みずから生き方を変える」ためのメッセージとして、自然災害や新しい犯罪、病気を通して気づきを送っています。

 

貪らない生き方を

 動物たちには「発情期」があり、宇宙のリズム・規則性にあわせて種を保存、増やしていっています。ハーモニー・調和があります。人間の「発情期」には決まりがありません。だからこそ、あなたがたの理性で調和を作り出す必要があるのです。
 地球上の生命体は「食」するものが決められています。必要以上に「むさぼり食う」ということをしません。あなたがたは、ありとあらゆるものを「食材」とし、その食材を常に保つために、必要以上の殺戮を行い、農薬を使い、化学薬品で生命のメカニズムをコントロールしています。「貪欲な食欲」のためにどれだけの地球の生命体が犠牲になっているでしょうか?人間の食材となるために、苦痛を与えられて「食材」となっていく動物や植物の悲しみ・怒りの感情を、いっしょに「食している」ことに、どれだけ気づいていますか?地球上には、人間によって生命リズムをコントルールされた動物・植物・生命体・自然の深い悲しみと時には怒りが、エネルギーとして舞い落ちていきます。地球の大地はその悲しみを吸い込み、土壌はグラウンディングの力を失っていきます。
 

新しい生き方・シンプル=簡素な生き方
 

 すべてに対し、「シンプル」でいいと感じ、生活、生き方をシンプルにしてください。今あるもので十分に足りているなら、それ以上「欲」のをそそのかすメディア・コマーシャルリズム、消費主義に乗らない「心の強さ」を身に着けてください。
 新型コロナウィルスの感染が広がるにつれて、都市の様子が変わっていっていますね。公共交通機関の混雑は減り、休日、「なんとなく出かける」「なんとなく外食する」「なんとなくショッピングする」ことにセーブがかかりました。こうして見てみると、休日は、必要な時だけ都市部に出かければ済むし、ショッピングも古くなったら新しいものを購入するだけで十分であることに気づきます。自宅で食事を手作りし、静かな過ごし方をすると心も落ち着いてきます。感染がおさまってきたら、近くの自然のなかで過ごすと、地球の美しさを再発見するでしょう。「旅行」という楽しみも、限度を過ぎた「食」「ショッピング」の旅ではなく、異国の文化・歴史に触れ・異国の人と交流する楽しみ方を目的としたら、楽しみ方もシンプルで、心豊かなものに変わっていくでしょう。
 植物も、動物たちも、地球の自然も、宇宙のルールのなかで、秩序を守りながら、変化し、進化することを楽しんでいます。それはとても静かで穏やかな満ち足りた生き方・あり方なのです。
 

秩序・リズム・規則性×変化・チャレンジ・進化
 

 このバランスの上に、青い美しい水惑星があり、あなたが1日に21600回する呼吸を送ってくれているのです。宇宙の一人として、地球人として、魂に書かれた「宇宙秩序」を1日に何度も、思い出し、瞑想してください。食べるものを減らせば、心は落ち着き、動作はゆるやかになります。あなたがたの静かで強い感情が、地球の青く美しい海の水を、保ちます。あなたがたの感情が、地球環境を造り出していることを忘れないでください。
 

悪魔=負のエネルギーはこうやって形を変えて新しい「悪魔」を生み出します
 

 見える悪から見えない悪へ、21世紀の負のエネルギーは巧妙です。19世紀~20世紀にかけて、ルドルフ・シュタイナーという、宇宙から送られた使者が、近未来の地球を予測しました。「近未来、人間の皮をかぶった悪魔が地球に降りたつ」というメッセージです。弱った人間の心、孤独な心にひそかに「人間の皮をかぶった悪魔」は入り込み、「悪の使者」にしてしまいます。心のコントロールを失った人間は、この大切な「地球生命体」さえ破壊していきます。心を悪なるエネルギーに明け渡さないように、心を鍛えることがもっとも大事です。瞑想のトレーニング、心を管理する気づきのスピリチュアルワーク、規則的な生活、身体にいい食事、運動、必要最低限の金銭収入での満足など、トレニーニングすべきことはたくさんあります。
 

新型コロナウィルスを悪用する負の存在たち

 「新型コロナウイルス」という病原菌は、あなたがたの地球規模の「貪欲」が作り出した細菌です。特定の地域で戦争が起きても、災害が起きてもあなたがたは「アセンションの意識」に気づくことが、まだ少ないのです。「まだだいじょうぶ。誰かが何とかしてくれる。」と多くの人が思って生きています。地球の生命体の「水」のエネルギーは減り続け、この水惑星をこれまでの美しさで保つことが困難になってきました。

 新しい気づきは、新しい困難な出来事として起きてきます。山火事、水害、台風、自爆テロ、国家による情報のコントロール。地球の温暖化がさまざまな弊害を起こし始めたことに、気づき始めた人たちが少しずつでてきました。
 しかし「悪なる世界・闇の世界」は、この病原菌を、「人種差別」「人間関係への不信」という形で悪用しようとしています。必要以上に情報をあふれさせ、あなたがた、どの情報を信じていいのか、しだいにパニックになっていきます。それが地球規模で起きています。不安感は、「差別意識」を増幅させます。せっかく「地球人」として皆さんがつながろうとしている21世紀を生きているのに、何世紀も前の意識へ逆戻りするように、「人が人を疑い、外見や言語、文化の違い」によって、優劣をつけようとする非常に古い意識に引き戻されています。人間同士が心を通わせ、手をとりあって生きていこうとする「スピリチュアルなつながりの21世紀」に、「差別」「不信」という見えない病原菌を、新型コロナウィルスと共に、闇の世界がばらまいています。「孤独感」に人間は1番弱いことを、彼らは知っているからです。
 情報に頼りすぎず(ここにも情報をむさぼる欲望が潜んでいます)、自分自身の身体、心、魂できちんと判断し、静かな行動をゆるやかにとってください。体力を落とすような仕事、ストレスから離れ、あまりに過激なスポーツ、アドベンチャーを避けて、あなたが生きている世界のすぐ近くに美しいものを発見するような生き方をしてください。 
 

マリアシンボル Sea 癒し 次のメッセージを声に出して読んでください。


私はひとしずくの水 心の傷みを癒す海

私は清流 渇いた人の心をうるおす癒しの水

 

私は静けさ つらい時にも私を失わない静かな強さ

私はやすらぎ 疲れた人たちが憩う心の青い海

 

私自身を責めることがありませんように

他の人のありのままの姿を

見つめることができますように

 

ゆるやかに水のように生きる

ひとしずくの清らかな人生を創りだす          

私は海 私は癒し

宇宙の海は 私の心にある

 

Sa-Sa-Li

Lu-Lu-Lu

Se-Se-Lu

Lu-Lu-Lu

U-U 沈黙

私は静けさ

 

spiritual reading  Keiko Tokino©

illustration Kuniko Shibata©

 

聖マリア水の祈りと瞑想 いっしょに祈ってください。マリアにつながる気持ちを持つと、水の癒しをあなたも送ることができます。
 

・新型コロナウィルスに感染した人・亡くなった人に癒しの水を送る
・新型コロナウィルス発生源あたり(中国武漢あたり)へ、癒しと気づきの水を送る
・身近な人へマリアの癒しの水を送る
・自分自身へマリアの癒しの水を送る
 

 

恵の雨になる Maria Healing Message
質のいい言葉=詩は、あなたの心を清めます。声に出して読んでください。あなたのととのった呼吸が、地球を救います。小さなことから始めてみましょう。
 

夢のなかに雨がふる

しずかに雨がふる

遠くで扉が開いて

何千年も前から

この雨を知っている

 

雨があなたを抱いた

雨があなたという輪郭を

やわらかくした

いのちあるもの

共に心あわせて生きていけるように

 

喉の奥へと届けられる ひとしずく

いのちのはじまりのひとしずくは

再び いのちの伝言をはじめる

 

あなたが恵みとなり

つながりとなる

 

ゆるやかに喉を開けば

流れだす春の水

それは春の旋律

目を閉ざしたまま冬に眠り続ける人に

春の水を届ける

まぶたに

くちびるに

てのひらに

いただけるものがあることを

伝える

 

ゆるやかに眼をひらく

それは春

あたらしいつながり

息は変わり

春の香りになる     

 

心と心のすきま

水を巡らせれば

あなたと人はひとつになれる

とけあう色彩

にじみあって生きていけばよい

春の色 ひとつひとつ

いのちの芽吹き

雨水期のまとまった雨は恵み。あなたも恵み。大切な1人の人のための。眠りのなかで雨を聴く。雨の声、雨の呼吸、雨の旋律。あわせていけば、体内の水が共鳴する。春になることは難しくありません。変わっていくことは怖くありません。輪郭をゆるめる。それは呼吸法。ゆるめればとけあう。とけあえば、高めあえる。クレソン苗。手を精いっぱい広げて、雨の恵みをいただく。

Spiritual reading and photo Keiko Tokino©

 

*お願い このマリアメッセージを読まれて、いろいろな考え、意見を持たれると思います。「善悪」を決めるためにブログを書いているのではありません。もし意見を感じられるのであれば、静かな呼吸を3回して、きれいな呼吸を地球へ送ってください。特に批判的な言葉のやりとりをしているほど、地球環境の問題は猶予があるわけではありません。そのお気持ちを、ご自身でできる「水惑星」を美しく保つ行動・活動へと変えていただけるようにお願いします。
Maria Blue Healing 時野慶子

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

お気軽にご質問ください!