いつもの生活に世界のスパイスを。

Teach online! Hear from actual tutors

生徒さんの評価にプレッシャーを感じたことはありません。評価されることにナーバスになる人もいるかもしれませんが、私個人の経験から言わせてもらうと、そのような評価の目にさらされていても普段通り自分のパフォーマンスができる時こそ、自分自身の成長のチャンスだと思っています。

テスティモニアル トップ > Dani L. インタビュー

出身国: 居住国:

講師プロフィール

  • カフェトークでの講師歴: 2014 年より
  • 教えるカテゴリー: 英語
  • 話す言語: 英語、中国語、スペイン語、フランス語
  • カフェトークでの総レッスン提供数: 2310

ダニ先生、今回はインタビューにご協力頂き有難うございます。まず、カフェトークのことをどのように知ったか、講師になろうと思った理由について聞かせてください。

私はクレイグリストがきっかけです。教育の学位を取得し、モントリオールに 引っ越してきたばかりの頃です。何かすぐに始められる仕事を、と求人を探していた時に見つけたのがカフェトークでした。正直に言うと、講師の仕事はとりあえずの仕事として考えていました(笑) 実は当時公共施設関連の仕事を探していたんです。実際にその仕事のオファーを得たのは、カフェトークで講師の仕事に慣れて楽しみ始めた頃だったので、

両方の仕事を天秤にかけて色々と悩みました。考えた末、オンラインで働くスタイルが私には合ってる、と思いカフェトークでの講師を続けることにしました。 フレキシブルさと、しがらみのない自由なワーキングスタイルが私にはより魅力的だったんです(笑)。

ダニ講師はカフェトークでの講師歴が2年になりますが、講師デビューするまでの講師申請中の過程はどうでしたか?

まさにコレだ!という感じでした(笑) とても分かりやすい説明があり、第一印象がとにかくメールなどの返事が早い!ということでした。他のサイトではかなり待たされることがありましたが、カフェトークでは2営業日以内に返事をするとあったにもかかわらず、24時間以内に返信をもらいましたので。段階的な申請プロセスになっているのでとても分かりやすかったです。とても便利だと思ったのが、レッスン前と同様に面接前の24時間前・2時間前などに送られてくるリマインドメールですね!初めはそのリマインドメールのことを知らず、面接の日時をメモに控えていたのですが、この機能があれば忘れたり時間を間違えるリスクもなく、とても気に入りました! 他のサイトでの応募者への対応と比べてカフェトークの講師へのサポートにすっかり感心してとても魅力を感じました。

カフェトークで講師になる前にあった期待と、実際講師になってからの実際の経験は何か違いがありましたか?

そうですね・・・私の場合、カフェトークでの講師の仕事は最初はあくまで「とりあえずの仕事」だったので多くを期待はしていなかったのですが・・・(笑) 正直に言って、講師の仕事というのは一般的に高収入を得られる職種ではないですよね。でも、実際始めてみて公立学校のフルタイム教師と同じくらいの収入を得られたので、正直、驚きました。今は、当時必要だったほどの収入を得る必要がないので勤務時間を減らしてますが、期待していたことと一番違ったことといえば、その点だと思います。呼び出しがあるまでただ待つしかない学校の臨時教師よりも多い収入が可能とは思いもしませんでしたから。

またこれも正直なところですが、当初はこれほど長く講師を続ける予定もありませんでした。一時的な仕事として考えてましたからね・・・ でも、今は今後もずっと続けたいと思っています。 他の講師の仕事や全く違う職種から声がかかったりもしましたが、 カフェトークで2年目にこのワーキングスタイルを快適に感じてからは、 結局お断わりしたんです。 オンラインの仕事のほうがいい!って。

オンライン講師の仕事のどこに魅力を感じたのか、もう少し詳しく教えてもらえますか?

フレキシブルにスケジュールが組めるところが最大の魅力ですね。そうでない方もいると思いますが、私の場合は性格的にも人と1対1で向き合うのが好きなほうなので、とても向いていたんだと思います。

とにかく臨機応変に事が運べるところは素晴らしいですよね。例えば、生徒さんが帰宅が間に合わないのでカフェに立ち寄ってそこでレッスンを始める、といったようにオンラインではネットに繋がることさえできれば、フレキシブルに対応できます。ちょっと現実的なことを言わせてもらうと、バス代に100ドル以上以上使う必要もないので交通費の節約にもなりますよね。 オンラインだからこそフレキシブルなワーキングスタイルと世界中の人々と簡単に繋がることができます。 実際会って得られる成果は確かにより100%に近いものかもしれませんが、移動時間を考えると私には やはりオンラインの方が色々な面でずっと魅力的です。

カフェトークで教えるメリットとして、自分のオリジナルレッスンを提供できる、フレキシブルにスケジュールを組める、自由に教材を使えるなどがありますが、そういったメリットはどう感じていますか?

素晴らしいと思います。ただ、色々な事を自分で自由に決めることができる反面、色々なアイデアをまとめるのが大変だったりしますが(笑) プレッシャーはないですね・・・。 生徒さんの評価にプレッシャーを感じたことはありません。私個人の経験から言わせてもらうと、そのような評価の目にさらされていても普段通り自分のパフォーマンスができる時こそ、自分自身の成長のチャンスだと思っています。 もちろん、評価されることにナーバスになる人もいるかもしれませんが。

学生時代の実習の時の経験なのですが、実習担当の先生はとても素晴らしい先生で私にプレッシャーがかかるようなことはしませんでしたが独特ののスタイルを持つ先生だったので、先生の評価が気になってしまいすごく緊張したことがありました。どう子供達を指導したらいいか分からない、と相談したところ、自分を信じて思うようにやってみなさい、とアドバイスをくれました。まさにそれが、私にとっては自己成長のポイントですね。カフェトークは、誰かにうるさくアレコレ言われることなく自身で考えて成功したい人に向いていると思います。困った時にはサポートもしてくれますし、私もカフェトークのスタッフには色々と助けてもらいましたし、適切なアドバイスももらえます。

自分で自由に決めることができると逆に色々と迷ったりもしますよね。 あまりに選択肢が多すぎると生徒さんが混乱するので提供するレッスンの種類を増やしすぎないように、と私はカフェトークのスタッフにアドバイスをもらいました。 続けていると徐々にどのレッスンが生徒さんのウケがいいのか分かってきたので、私はあまりリクエストがないレッスンを削除していきました。それは全然悪いことではなく、そうすることで自分がアイデアを練るレッスンも数が少なくなるので楽になりますし、より人気のあるレッスンをクオリティーの高いものにできるよう集中できます。他の講師のアイデアなども見て参考にすることもあると思いますが、自分がやりやすいようにまずはやってみればいいと思います。自分の基本的なアイデアは持ちつつ、生徒さんのニーズを柔軟に取り入れる姿勢でやってみるといいのではないでしょうか。

実際レッスンを一緒にしてみなければわからない「相性」のようなものも、もちろんあると思います。 生徒さんがレッスンを再度リクエストしてくれないことで、落ち込んだりすることもあるかもしれません。でもこれは私の経験から言わせてもらうと、お互いに話をテンポ良く進められる相性のいい生徒さんをより多く獲得できた方が、結果的に自分と相性のよい生徒さんからのリピートが増えます。 新規の生徒さんのリクエストは常にありますから、再リクエストがなくてもあまり気にする必要はないと思います。

Thank you for reading. This is just a small excerpt of the whole testimonial. For more tips on how to succeed on Cafetalk, please login as a tutor and continue reading. If you aren't registered as a Tutor on Cafetalk yet, click here to apply. Applying and creating an account is free of charge!

先輩講師一覧

Page top

いつもの生活に世界のスパイスを。

お気軽にご質問ください!