いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

yuuki-umineco 講師のコラム

「ヨガをやってってよかった!」と思うこと。[PART③]

2019年12月1日

こんにちは!

ヨガ講師のyuukiです。
今回は私の、「ヨガをやっててよかった!」と思うこと[PART③]をご紹介させていただきます。

 前回のコラムでもご紹介したように、私がヨガを本格的に始めたのは35歳頃です。初めてヨガをしたのは30歳頃だったのですが、その頃は気が向いた時にた~まにやるという感じでした。

 その後、35歳になる頃になぜか急にやる気が出て、仕事帰りに週2回ほどヨガスタジオに通うようになりました。
そんなヨガ生活をしばらく続けた頃に感じ始めた「うれしい変化」についてご紹介します!


[PART③]カチコチに硬かった体に柔軟性がでた!

私はもともと子供の頃から体が硬く、立った状態での前屈では指先が床に届くことはありませんでした。

ですので、ヨガを始めた30代の頃は体が硬いせいでヨガポーズが上手にとれず、「もしかして私はヨガに向いていないかも」と感じることも何度あったことか。。。

ただそこでヨガを諦めることは一度もありませんでした。

なぜなら、ヨガをやったあとの体がほぐれた爽快感、解放感がなんとも言えない快感だったからです。

前々回のコラムでもご紹介したように、いちばんに感じたヨガ効果は「肩こり解消効果」だったのですが、23ヶ月ほど経ったころから徐々に体の柔軟性に変化が感じられてきました。 

そして体の柔軟性が向上すると同時に、それまで体がかたいせいで上手にできなかったヨガポーズが徐々にできるようになってきたのです。
何ごともできなかった事ができるようになると、楽しさも倍増してきますよね!

その経験から、それまでの私は「自分は体が硬い人なんだからしょうがない」と、自分で自分の限界を決めてしまってチャレンジする前から諦めていたということに気づくことができました。

もしも、「ヨガに興味はあるけど、体が硬いから私にはムリかも」とヨガをすることに躊躇している方がいましたら、ぜひチャレンジしてみることをオススメします。
なぜなら、自分の体は自分で変えることができるからです。

もちろん時間はかかりますし、努力も必要です。
しかしまずは第一歩を踏み出してみないことには何も始まりません。

ヨガに限らず、「いま始めてみたいことがあるけど、あと少しの勇気が足りない」という方は、まず一歩、踏み出してみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

お気軽にご質問ください!