いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Soprano Y.O 講師のコラム

【名前を呼んでくれたあの人】私のスーパーヒーロー!【ライブの舞台裏】

今週のテーマ: 私にとってのスーパーヒーロー

2020年6月23日

こんにちは。

先日のコンペティションの興奮も冷めやらぬまま、また日常が戻って参りました。


初めてテーマに沿ってコラムを書いてみたりします。



私、ソプラノ歌手YOにとってのスーパーヒーローそれは…!




Revoさんです!


誰?って方、Revoさんは進撃の巨人のOP「紅蓮の弓矢」などの数々の名曲を生み出している方です!


私は中学生時代からSound Horizon(Revoさんの音楽グループ)が大好きでした。

クラシカルな手法を取り入れた音楽構成やライトモティーフを多用する作曲法は

まるで現代における楽劇王ワーグナーのようだ…と。



そんな私が歌手になりしばらくすると、ふと声がかかりました。


「今日これから収録があって、来れる人さがしてるんだけど」

ピンチヒッターで呼ばれた収録でした。

詳細も聞かされぬまま時間があったので行ってみると…


Revoさんがいらっしゃった。。。。。。。

Linked Horizon名義の楽曲のレコーディングだったのです。

あの日ほど「音楽やっててよかった」と思った日はありませんでした。


そして、幸運なことにその日を機に、カンパニーにちょくちょく参加させていただく機会を
頂き…


ついに、ライブにまで出演させて頂けることになったのです!

普段クラシックのコンサートに出演することの多い私ですが、

衣装合わせから始まり、楽屋で目の周り真っ黒なメイクやネイルをしてもらい、

舞台袖で円陣を組み…という異文化に

驚いたことを覚えています。


ケータリングも豪華だし、みんなで回し読みする用のマンガが置いてあったり…

こうやってスタッフをおもてなしすることが、全体の士気を高め、いいライブを演ることにつながっているんだな…と感じました。




そして、ライブの終盤、(ここがRevoさんの一番素晴らしいところ!)

出演したメンバーの名前を全員コールするんです!

しかもちゃんと後ろのスクリーンに名前も大写しになる(だったはず)

Revoさんに私の名前を呼んでもらったとき、本当に感動しました。


中学生の私がこれを聞いたら、どんなにびっくりするでしょう!笑


というわけで、Revoさんにはたくさんの事を学ばせて頂きました。

本当にいい経験だったなあ…


という思い出話でした。

お気軽にご質問ください!