いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Shima.A 講師のコラム

ユニークな神社 in 名古屋(いぬ神社・ひつじ神社)

今週のテーマ: 私の国/街、実はこんなことで有名だったりします!

2021年4月27日

名古屋市西区には、「いぬ神社」こと「伊奴神社」があります。

この名前は、ご祭神の伊奴姫神(いぬひめのかみ)から由来しています。

安産・子授け・厄除にご利益がある伊奴神社は、673年に稲を献上した際に
建立されたと伝えられています。1300年以上の長~い歴史があるんですよ。

もう一つ、伊奴神社建立に関する伝説も伝わっています。
---------------------------------------------------------------
この辺りは川に近くて洪水被害がよく起こり、
山伏に祈ってもらうと、洪水が収まったそうです。

山伏は、祈る時に使った御幣(紙製の祓い具)を、
開けるなと言って置いていったのですが、村人は開けてしまいました。

そこには、「犬の王」という言葉と、1匹の犬の絵が描かれていました。

次の年にはまた洪水が起きてしまいました。

村人は山伏に謝ると、山伏は、御幣を埋めて、社を立てて祀りなさい、と言いました。
村人はその通りにしたので、洪水はなくなった、ということです。

---------------------------------------------------------------------

本殿の横には、狛犬ならぬ、犬の石像(「犬の王」)があります。
精悍で立派ですね。

神社参拝のお楽しみ、おみくじです。
犬の形がとってもかわいいです。

ボディの底の紐を引っ張ると、おみくじを引っ張り出せます。
このおみくじ入れも、かわいいから飾っておきたくなりますね。

犬モチーフのお守りや、犬用のお守りもあります。
犬用は、首輪に取り付けられるようになっているそうです。

残念ながら、わんちゃんと一緒に参拝はできない(;'∀')!
と、いうことなので、良い子にお留守番してもらっててくださいね。
 
実は…

ここから近くに、羊神社(!)もあります。

伊奴神社から約3Km歩くと、北区の羊神社に到着です。
こちらのご祭神は天照大神です。

こじんまり小さくて、静かな神社です。

親子の羊がいいですね。

お手水も何というか…ユニークというか、シュールというか…
羊の口からお水が出てくるところが、なんとも楽しいです~(*^^*)。



伊奴神社も、羊神社も、住宅街の中にあります。

時間があるときに、地図を片手に街歩きして、
ゆったりと参拝してみられてはいかがですか。



 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

お気軽にご質問ください!