いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Takayo 講師のコラム

留学先で落第する⁉ Miracle Minds give you easy life in abroad☆

今週のテーマ: 留学に行く際のアドバイス

2021年7月11日 | 2 コメント

中学卒業後、単身で向かった先は

U.K.




響きはカッコいいかもしれないが

渡英後、現地校についていけず日本へ強制帰国することも覚悟して日本から飛び発った


そんな強制送還の危機は

入学して1か月も経たないで担任の先生から通達が来てしまった!!


『あなたの英語力ではこの3年間でAレベルには達しそうもないので、

もう1学年を落として4年間この学校にいてもらいます。』

※Aレベルとはセンター試験のような大学受験資格の英国共通統一試験のこと


卒業までの4年の在学保証は確約された喜びどころか

一年落とすって…




それは




ら・く・だ・い?!


1年間挑戦するチャンスも与えられなまま落第が決まった時は、

故郷の両親が見送ってくれた時の顔を思い出し青褪めました。



『留年』とか『一浪』という言葉は高校卒業後に聞くと思っていた16歳の私には

それは

それは

ショックでした!!


しかし、欧米社会のダブりは朝飯前


結局、あの時の学校側の判断は正しかったのは

日々が経過してから気付きます。


所詮、入学したての私は右往左往し友人もいなく

独りアジアからやってきた私を考慮しての学校側の早い対応は明断でした。




この様に早々から周囲の配慮を受けることになったのは

有難い。



留学時に限らず、

海外で在住する者にとって大切な

とっておきの

楽に生きていけるマインドがあります。


それは


『謙虚でいること!』


きっとアマゾンのジャングルに取り残され

サバンナの極地にいても、

耐えられるだろう

ミラクルなマインド!


私の場合は、というと…


『イギリスでの単身留学中は牢獄のような寄宿舎と云えども、箱物に守られてた』

『オーストリアで就職していた頃、外国人労働者を気ぎらうように扱う労働局で申請できる1年毎の就労ビザもなんだかんだあっても更新できていた』

『ドイツでは外国人にも手軽にドイツ語を習得できるように街のあちこちに低額料金で受講できる学校がある』


『謙虚にいること』

それはこの土地にいさせてもらっている、

という感覚なのです。




この謙虚さがあれば、

平和な社会が実現できるであろうとも思っていますし

どんな時でもハッピーでいられる特別なマインドなのです。



そんな簡単に『謙虚にいられるマインドなんて無理!』

なんていうお声も聞こえてきます。




海外在住28年の経験豊富なTakayo がどんなお悩みも寄り添ってお聞きします。

是非私のカフェトークにいらして下さい。↓↓↓

オンラインレッスン : コンサルタント (cafetalk.com)



 私のカフェトークでは
  • 留学する予定の方 
  • 海外勤務(駐在)の予定の方 
  • 海外でのご出産・子育て 
のコンサルもご提供しております。


割引クーポンもご用上半期アワードも受賞しましたので、

是非お使い頂い下さい。


心よりお待ちしております。

============================
クーポン名: 感謝・Cafetalk Award
コード: ec3e07bc
割引率: 30%
適用レッスン: レッスンパックを除く全てのレッスン
対象受講期間: 2021年7月10日 ~ 2021年8月10日
クーポンのURL: http://cafetalk.com/coupons/detail/?id=2888467&lang=ja
(GMT+02:00 DST Berlin)
============================


U.k.での生活はいつの日かのコラムで書いたように

日本の学校とはかけ離れていて全てにおいてがカルチャーショック

その留学生活の一部は下記のコラムに綴っています。

『庶民が上流階級に?!英国PUBLIC SCHOOL留学を経て』↓↓↓
庶民が上流階級に?!英国Public school留学を経て | Takayo 講師コラム - Cafetalk



それでは、また!!

ドイツコンシェルジェTakayo





 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

お気軽にご質問ください!