いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Susana 講師のコラム

GIJÓN ヒホン

2016年7月10日

Hoy voy a hablar de mi ciudad. Podéis ver un video sobre Gijón pinchado aquí.

Today I will talk about my city, you can see a video about Gijón by clicking  here.

ヒ ホンは、オビエドから北に30kmあまり、カンタブリア海コスタ・ベルデ(碧緑海岸)の人口28万5千人の古い港町です。スペイン北西部 カンタブリア海 にのぞむアストゥリアス地方は、自然の楽園です。緑の山々は紺碧の海にせまり、美しい森は昔とかわらず川面に影をおとしています。ヒホンは、このアストゥ リアス地方の海側ほぼ中央にあります。道路が整備され鉄道の便がよいので、アストゥリアス地方のどこからも近く、どこへ行くにもアクセスがとても便利なと ころです。カンタブリア海沿岸の中ほどに位置することにより、ヒホンは古くから「銀の道」(Ruta de la Plata)の出発地であり、「サンチアゴ巡礼の道」北ルートの中継地として栄えてきました。ヒホンは海と文化の薫る町。歴史を今に伝える町のたたずまい、そこに暮らす人々の息遣いを感じてください。静かな感動とやすらぎが、あなたの胸に残ることでしょう

ヒホンは、古くから「銀の道」(カンタブリア海とスペイン南部を南北に結ぶ重要な交易ルート)の北の出発点として栄えてきました。
さ らにローマ時代の遺跡に興味のある方は、「銀の道」に沿って遺跡をたどり、アストゥリアス考古学博物館まで足を伸ばしてみてはいかがですか?。
スペイン北部にはローマ時代の遺跡を数多く残っており、ヒホンにも、1世紀後半にローマ時代の浴場や当時の街を守るために建築された城壁の一部が残っております。
Campa de Torresの考古学公園は、カンタブリア海に囲まれた見晴らしのいい岬にあります。紀元前ごろから数多くの原住民がこの場所に定住し、後にローマ人も定住しました。
公園の中には考古学公園博物館があり、紀元前にヒホンに最初に定住した原住民の
首飾りなどの装飾品やローマ時代に使われた生活用品などの発掘物が展示しされており、ヒホンの原点を知る場所です。


野外彫刻と歴史的建造物  有名な前衛彫刻家 Eduardo Chillida による野外彫刻「水平線への賛辞」は、ヒホンのシンボルともなっています。


Universidad Laboral


ヒホンには他にも大西洋の植物園、水族館、現代アートの美術館、バグパイプの博物館、ゴルフ場、タラソテラピーの施設などがあります。

植物園


お気軽にご質問ください!