Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Suguru 's Column

【フランス留学記】いよいよアンジェ大学での留学生活が始まる

Aug 13, 2018

アンジェに到着して7日経ち、時差ボケもだいぶ解消されて、こちらの生活にも慣れてきました。

ここにはすでに留学している日本人が3人いるみたいですが、みな女性みたいで新しい日本からの留学生もかなり少ないらしく、男は僕だけみたいです。

今のところ、まだ授業が始まっていないのでほかの国から来た留学生たちはみな同じ国から来た友達と毎日一緒にいるので僕みたいな1人で来た留学生にはその輪の中に割って入るのは厳しいのでつらいところですが、中国人の男の子と仲良くなって、彼と毎日います。

中国からの留学生は10人程度いるの ですが、男の子は彼1人みたいです。僕よりも前にここに来ていたみたいで、いろんなことをサポートしてくれます。

次々と新しい友人を探すよりも今ある友人関係を大切にしようと今は思っています。おそらく授業が始まれば授業で一緒になる人と友人になる機会は増えてくると思うので。

日本の大学でも入学後はすぐに授業が始まるわけではなく、オリエンテーションがあると思います!アンジェ大学もありました。

オリエンテーションでは社会保障や保険などといった難い内容のものもありましたが、授業中にやってはいけないことをクイズ形式でやったり、アンジェにあるおすすめのレストランとかバー、クラブの紹介、どこのスーパーが安いかとか、旅行に行くならどこを利用するべきとか、アンジェの有名な食べ物の紹介とかもあってなかなか面白かったです。

日本では教授がおススメのバーを公で話すなんてことは考えられないので文化の違いに驚きました。

また、授業についてのオリエンテーションでは「フランスでは教科書がなく、自分がとったノートが教科書になる」と言っており、ノートをとるということがフランスの大学では最も大切なことみたいです。

その点は日本とかなり違うので若干の戸惑いがありましたが、授業を理解して、必要なところをノートできるように頑張りたいと思います。

語学力ですが、フランス語に関しては今のところ大きな問題はないです。もちろん、聞き取れなかったり、理解できない時もありますが聞き返して2回目には理解できます。

発音に関してもフランス人と話してる時は全部理解してもらえますが、中国人と話しているときは発音のせいで理解してもらえない時があるので、日本での準備段階でフランス語のネイティブ以外とフランス語で話す機会があればよかったかなと思ってます。

それから、英語も役に立っています。オリエンテーションで分からないところは、英語の通訳があるのでフランス語で分からない時は英語が理解にかなり役立ちます。 友達同士の会話でも同じです。幸い、僕はそれなりに英語が使えるので、日本で毎日国際センターに通い、留学生の友達と話したりして、英語が使えるという 状態にもっていけたのでそれは本当によかったと思っています。

また、ここには多くの国から留学生が来ていて、イタリア語やロシア語のように僕が勉強している言語も飛び交っていれば、ギリシャ語のように日本では ほとんど聞くことができないような言語も飛び交っているので僕にとっては本当にいい環境です。

そして、アンジェの繁華街にも行ってきました。

非常にきれいな繁華街で、いろんなお店があります。日本食のレストランもあり、非常に人気です。また、フランスの高級デパートのガレリ・ラファイエットのアンジェ店もここにあります。

路面電車も通っていて、人でにぎやかな半面どこかのどかな雰囲気もあります。広場ではさまざまな催しも開かれます。夜になると、バーが開店し、多くの学生でにぎわいます。

僕もすでに何度も繁華街のバーに友人に連れていかれました!

Got a question? Click to Chat