Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Erika.A 's Column

曜日分けれんしゅう法

Oct 29, 2018

今日はピアノの練習時間についてのお話しです。
今のお子さんはあれこれと本当に忙しい…
もちろん、大人でレッスンされている方も
多いでしょうから、お仕事をしながらの
練習時間の確保は大変だと思います。

そこで、私は曜日分けれんしゅう法を
おすすめしています。
例えば、音階(スケール)を強化したければ

月曜日…ハ長調
火曜日…ト長調
水曜日…ヘ長調
木曜日…イ短調
金曜日…ニ短調
土曜日…まとめ
日曜日…仕上げ

というように、ちょっと強引かも知れませんが
このように決めてしまう方法もあります。
ダラダラとれんしゅうをすることがなくなり
かえって、苦手なところが見えてきます。
苦手部分は仕上げの曜日におさらいすることにすれば
いいですね。
ぜひ、ご自身の進度でれんしゅう計画を
立ててみてください。
歯みがきと一緒で、習慣にしてしまえばいいのです。
たとえ短時間でもいいので、やらなきゃなんか変だな..
と、思ったらもうこっちのもの。

私のレッスンでは、時々生徒さんに
強化したい部分やれんしゅうが不足なところを
明らかにし、曜日単位で取り組んでもらっています。
表現力など時間が必要な場合は
週単位や月単位で行っています。

時間がある時や、なぜか調子が良い時は
苦にならないピアノれんしゅう。
気持ちがのってくると、楽しくてしょうがない。
でも忙しい中や、なんか気分が乗らないな…
という時はちょっぴりうんざりですね。

そんな時は、無理をせずに大好きな曲を
聴いて楽しんで下さい。
こういう時間だって、ピアノ弾きには
とても大切。
もちろん、体を思いきり動かしてみるのも
気持ちをリセットするには必要です。

少しの時間でうまくなったりするのは
むずかしい事だけど、時間をかけて
一緒にがんばりましょう!

1曲を仕上げるって大変だな…といつも
思うのですが。
けれども最後はやっぱり「楽しい!」って
なるんです。不思議ですね。









     

Got a question? Click to Chat