Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Lemongrass KIYO 's Column

ネガティブ思考は変えなきゃダメ??

Feb 17, 2019

こんにちは。

上級メンタル心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト

マインドフルネスカウンセラーのKIYOです。

少しずつ、春の訪れが感じられると共に、

花粉症の方にとっては、辛い季節になりますね。

今回は、私がカウンセリングをしている中で、よく相談される

「ネガティブな性格を直したい」と言うことについて、

考えたいと思います。

私は以前も書きましたが、

ポジティブが良くて、

ネガティブが悪い、とは考えていません。

ですが、その一方で、ポジティブ、楽観的、前向きに物事を考える人の方が、

寿命が長いという研究結果があるのも事実です。

それは、物事を考える際にストレスを感じ、

そのストレスを抱えたままの状態が常態化していることが原因で、

ストレスを感じても、それを力や原動力に変えた場合は、

異なる結果になるのではないかと思います。

実は、私自身、超が付くほど、ネガティブシンキング、ネガティブ思考です。

「お前ほど、ネガティブな人を見たことがない」と言われたことも

一度や、二度ではありません。

でも、私は自分の考え方、捉え方を変えようとは思っていません。

それは、ポジティブとネガティブは相反しますが、

どちらかが存在しなければ、どちらも存在しないものです。

ポジティブ思考の人がいるから、

ネガティブ思考の人がいる。

ポジティブな人の意見とネガティブな人の意見があるから、

世界や物事をプラスサイドからと、マイナスサイドから見ることが出来、

多様な見方や意見、生き方によるダイバーシティが成立するのだと思います。

また、ネガティブな思考から生まれた文学や芸術のすばらしさを

知っている人も多いのではないでしょうか?

例えば、太宰治やカフカ、ゴッホなど。

ぱっと思いつくだけでも、たくさんいると思います。

ポジティブな人が多数だとしたら、

そうした少数派のネガティブな人から見た世界観が、

人にインパクトを与えるのかもしれません。

ネガティブな方の傾向として、

未来についてリスクを考えたり、

人がどう思うかを考えたりします。

こうした点は、ネガティブ思考の良い点とも言えます。

しかし、ネガティブに考える方の中には

自己肯定感が極めて低い、

自虐的に考える、

被害妄想が強い、

など、自分自身で、社会で生きることを難しくしている方が多いのも事実です。

私は、自分の心の中で、そういう風に考えることも、

個性だと思っていますので、

それはそれで大切に扱うべき考え方だと思います。

しかしながら、そうした負の考え方、オーラが

周りの人まで、巻き込むようになってしまうのは、

社会生活を送る上では、

問題になってしまったり、

より自分を苦しめてしまうことになるでしょう。

そのようなレベルまでダークサイドに落ちてしまった、落ちている時は、

やはり、ニュートラル(ポジティブでもネガティブでもない)状態に

行けるレベルまでには、気持ちを持ち上げる必要があると思います。

では、そのような場合はどうしたら良いのでしょう?

もし、あなたがそうした状態を改善したいと考えるならば、

あなたのロールモデルとなる、お手本となる人を決めて、

「あの人だったら、こういう時どう考えるだろう?」と

考えてみることが、ひとつの手助けになると思います。

また、普通の悩み事であれば、仲の良い人や家族に相談することを

お勧めしていますが、

こうした超ネガティブ状態の場合は、

相手にも影響を与えてしまうことが多いので、

プロのカウンセラーや電話相談を受けるのも一つの方法です。

また別の方法として、自分の今考えていることを紙に書き出してみます。

そして、2,3日したらその紙を読み直してみて、

添削、つまりロールモデルの人なら、どう考えるかという視点や

自分が考える一般論の視点に立って、

その超ネガティブな思考を見直してみるのも有効です。

これは、心理学でも使われている方法です。

長くなってしまいましたが、

ポジティブな人だって、365日、ポジティブではないように、

ネガティブな人もずっとネガティブではないはずです。

ただ、ちょっとポジティブになっている自分に気づけていないだけだと思います。

私は、繰り返しになりますが、

ポジティブ、ネガティブ、どちらも人間の一時的な思考の状態だと思いますし、

それよりも、自分を慈しむ心、

自分の考え方、捉え方、そして個性を大切にし、

色々な自分の状態を受け入れ、

否定をしない方が、

重要な事だと思います。

誰でも、世の中のコミュニケーションで悩んでいます。

ただ、相手は変えられませんが、自分は変えられます。

また、自分を変えなくても、付き合う相手は変えられます。

大切なことは、自分を慈しむ心、自分を愛する心、自分に優しくする心です。

それって、自分への甘やかしじゃない?と思われるかもしれませんが、

ちょっと甘いくらいがちょうど良い、と思って、

身体も心も、ちょっと遊びがあるぐらいの感覚で過ごされるのが

健康と心の平穏のコツではないでしょうか?

それでは、

まだまだ日々、気温差が大きい日が続くようですので、

体調にも気を配りながら、

今週も皆さんにとって、

小さな幸せと感謝の感じられる日々でありますように。

KIYO

#マインドフルネス #マインドフルネス瞑想 #カウンセラー #女性カウンセラー #カウンセリング #オンラインカウンセリング #Lemongrass #レモングラス #LemongrassKIYO #KIYO #Cafetalk

Got a question? Click to Chat