Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Tomokazu 's Column

ドイツ語の読み方 長い文書

Mar 15, 2019

今回は、長い文書の読み方についてです。
長い文書や複雑な文書を読むとき、一つ一つの単語は辞書をひいてわかったけれども、全体として何を言っているのかわからないという場合が出てきます。それは文書の仕組みがわかっていないことに原因があります。なので文書の仕組みをクリアにすることが大事です。そのためにまずやるべきことは、文書の骨格だけを取り出すことです。つまり、主語、述語、あれば目的語を特定します。短い文ですが以下の文を例にします。

 Gestern habe ich Fußball mit meinem Freund in Tokio gespielt.

上の文書で、骨格だけ取り出すと以下のようになります。

 Gestern habe ich Fußball mit meinem Freund in Tokio gespielt.
他の部分は時間や場所など最悪わからなくても文の趣旨はつかめます。長い文であればあるほどどこが骨格かを決める作業が重要です。

Got a question? Click to Chat