Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Lemongrass KIYO 's Column

5月病を乗り切るには...「なんとなく」へ意識を

Weekly Topic: The best treatment to post-holiday blues

May 9, 2019

こんにちは。
上級心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト
マインドフルネスカウンセラーの
KIYOです。

今年は、もう二度とないかもしれない、
超大型のGWで、
楽しい思い出や経験をした方も、
その反動で疲れた方も、
ゆっくりと自分の時間を過ごされた方も多いかもしれません。

働いている方、学校に行っている方からすれば、
10連休は、日常とはちがう休日の連続で、
そこから、また日常に戻ると言うのは、
誰にとっても、気が重かったり、リズムが上手く取り戻せなかったり、
いつも以上に疲れてしまったり、
そうした状態は当たり前のことです。

いわゆる5月病は、4月から新学期や新年度が始まり、
新しい環境に慣れてきたところに、お休みが続き、
ある種、またその環境になれなければいけないという状況や、
冬から春になって、「春眠暁を覚えず」と言われますように、
体内時計がまだ活動モードになり切れていなくて、
疲れてしまったり、ウトウトしたくなったりするものです。

私はマインドフルネスという、瞑想法(だけではありませんが)の
スペシャリストという点から、
この「五月病」を考えてみたいと思います。

「五月病」って、皆さんにとってどんな感じでしょう?

なんとなく眠い
なんとなくだるい
なんとなくやる気がわかない
なんとなく疲れている

恐らく、キーワードになるのは、この「なんとなく」だと思います。

この「なんとなく」に意識をむけることで、
「なんとなく」が解消され、「五月病」も少し解消されていく
(そもそも五月病は一過性のものですが)と思います。

では、どうしたら、この「なんとなく」に意識をむけられるのでしょうか?

一つは二分間呼吸瞑想法です。
詳しいやり方はこちらの動画をご覧ください。
Youtube→「二分間瞑想法

二分間、ゆったりと呼吸に集中して、呼吸を繰り返すだけ、です。

その間、あなたの頭や心に色々なことが浮かんでくると思います。

Got a question? Click to Chat