Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor kuro 's Column

中学受験国語は「読みながら解く」?それとも「読んでから解く」?

May 31, 2019

国語の読解問題の解き方として2つの方法があります。

・まず全体を読んでから問題を解く
・最初から読みながら解く

この2つです。

SAPIX通いなどのお子さんは「全体を読んでから」=前者で解いている人も多いかも知れません。

これ、実際にどちらがいいかは、ホント〜〜に、一概には言えません...!!その人の志望校の過去問、その人の現在の到達段階によります。

読みながら解くのは、ちょっとむずかしい

後者の「読みながら解く」はちょっと高等テクを使わなければいけません。それは、「解答の根拠が傍線部前後であれば解けるけど、根拠がずっと後に書かれている問題もあるので、そういう問題は「保留」にする」というテクニックです。これはちょっとトレーニングを積まないと大変です。

全体を読んでから解く場合の注意点

ということで、「全部読んでから」が無難なのでしょうか?

「全部読んでから」のやり方には、注意点があります。

それは、1回全体を読んだだけでは、各設問は解けないということです。
細かい読みをもう一度しなければならなくなります。

全体を読んだあとに傍線部に戻ると、大事なテーマは頭に入っているかも知れませんが、細かい描写はすでに忘れています。

解答では、傍線部と同じ表現を傍線部前後からすべてリストアップして、最適なワードを探す...のような細かい作業をやらなければいけません。つまり、「もう一度その辺りを精読する」必要が出てくるために、少なくとも合計2回以上は読まないと解けないのです。

でも、そこでお子さんは混乱してしまいます。

「あれ、1回読んだはずなのに、この問題よくわからないぞ…!?」

と。違うんです。そこから細かい部分を見ていけば、その根拠は書かれているんですよ・・・!

こうして、そのお子さんは、もしくは親御さんはどう思うかというと、

「文章を読むスピードが【遅い】から、問題が全部解き終わらない」

と悩んでしまうのです。

でも、【遅い】んでしょうか?実際はそうじゃないかも知れません。1回読んだことが無駄になり、またイチから読まなければいけなくなるのなら、時間が足りなくなっても仕方ないかも知れません。

これを防ぐために、どうすればいいか。

それは、「2・3回目でやっと解答できるようになる」ことを前提にして計画を立てていくしかありません。

じゃあ、1回目の読みは、意味ないのか?

あります。1回目でやるべきことを明確にすれば、とても役立ちます。

全体を読んで解く場合、1回目の読みでやるべきこと

例えばこんな風に考えてみてはどうでしょう。

作業1:「全体のテーマ・流れ」をつかむ
作業2:説明文であれば「具体」「まとめ」のグループ分けをする。
     筆者の言いたいことに線を引く。
     物語文であれば「場面」のグループ分けをする。
     重要な心理描写に線を引く。
注意:あまり細かいことにこだわらない。さっさとやる!

これに加えて、場合によっては、1回目の読みの前に設問をざっと見渡す、という作業を20秒くらい入れるというやり方も有効です。

また、これよりもっと細かい線の引き方をやっても良いのですが、それも人によりますね。

とにかく、精読するのは問題を解くとき。つまり、2回目の読みでやっていきましょう。

飛ばし読みするというよりは(これは逆に危険)、まずは自分の読みのペースでいいので、「2・3回読まないと解けない」と最初から考えて、「1回目の読みで時間をかけすぎずに読み進める」でやってみてください!

Got a question? Click to Chat